ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

hitomiが「過敏性肺炎」が原因で1か月で引越し

カビが発生するのは1年中。しかも肌トラブルや肺炎まで引き起こすのです。事実、hitomiさんはカビによる「過敏性肺炎」が原因で1か月で引越しを余儀なくされたのです。『駆け込みドクター』の「女性ならではのカラダの悩み」で紹介されていました。



スポンサーリンク
hitomiが「過敏性肺炎」が原因で1か月で引越し

肺にカビが生えるアスペルギルス

カビはジメジメした梅雨時に繁殖するとは限りません。カビが繁殖するのは20~30度の温度で、湿度60%以上の高温多湿な場所。お風呂場や台所などの水周りが発生しやすい場所となります。

それだけではありません。カビにとってはちょっとした人の手のアカや汚れでも十分な栄養分です。たとえば、マラセチア菌が毛穴に入って炎症をおこす「マラセチア毛包炎」は、ニキビなどと勘違いされやすいカビによる炎症になります。

じつは空間中1立方メートルには、100~1,000個のカビの胞子が存在。人の呼吸量を考えると、私たちは1日に1万個ほどのカビを吸っていることになるのです。免疫が落ちている人は、とく肺からカビが入って、そこに生えてしまうこともあります。

それが、肺にカビが生える「アスペルギルス」です。世界中で感染例が多いカビで、発熱・せき・血痰などを伴います。

hitomiは過敏性肺炎の経験者

「過敏性肺炎」はカビが原因の肺炎です。過敏性肺炎は、とくに家にいる機会の多い専業主婦の方に発症しやすい病気。浴室や台所など、湿気の多い場所は要注意です。

カビなどを反復して吸入することで、肺がアレルギー反応をおこしてしまいます。過敏性肺炎の症状はせきや発熱、進行すると呼吸困難などです。

事実、歌手のhitomiさんも「過敏性肺炎」の経験者になります。引っ越したマンションに大きな吹き抜けがあって、水が溜まりやすい場所になっていたことが原因。そこからカビが発生したいたため、引っ越した途端にせきが止まらなくなりました。1か月もしないうちに、引越しを余儀なくされたのです。

■『駆け込みドクター』
【女性ならではのカラダの悩み】

池上季実子も悩む更年期によるホットフラッシュ
熟年離婚が更年期障害によって増えている!?
甲状腺機能亢進症の症状は伸ばした手でわかる
道端アンジェリカがダメ出しされた健康法とは?
水虫の原因は足の過剰な角質ケアかもしれない
尿漏れの原因を改善する骨盤底筋トレーニング
西村知美の尿漏れは女性の7人に1人が悩む症状

■「肺炎」おすすめ記事
周富徳も死去した「誤えん性肺炎」の危険性
伍代夏子が九死に一生を得た間質性肺炎とは?
急性肺炎は1週間で死に至る危険もある病気

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事