ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

甲状腺機能亢進症の症状は伸ばした手でわかる

シニア女性が更年期障害と思い込んでしまうがために、別の病気であることに気づかないケースがあるとか。とくに「甲状腺機能亢進症」や「甲状腺機能低下症」が疑われます。『駆け込みドクター』の「女性ならではのカラダの悩み」で紹介されていました。



スポンサーリンク
甲状腺機能亢進症の症状は伸ばした手でわかる

症状の原因は甲状腺機能亢進症かも

更年期障害といわれるものには次のような症状があります。しびれ・頭痛・めまい・耳鳴り・憂うつ感・不眠・肩こり・湿疹・かゆみ・冷え・ドライアイ・ほてり・ホットフラッシュ・発汗・筋肉痛・無気力・食欲不振・集中力低下…など。更年期障害はじつにさまざまな症状を引き起こします。

とはいえ、なんでも更年期障害として思い込むのは危険です。じつは、その症状は「甲状腺機能亢進症」かもしれません。

「甲状腺」とは、のど仏の下にある、蝶々のような形をしている部位。体の新陳代謝を盛んにするホルモンを分泌する、いわば元気の源といえます。ホルモンが一定量出続けていないと、全身のバランスが崩れてしまうのです。

甲状腺機能亢進症の症状の見分け方

そして、ホルモン量が多すぎるのが「甲状腺機能亢進症」。汗をかきやすくなったり、イライラしたりという症状が現れます。

逆にホルモン量が少ないのが「甲状腺機能低下症」。むくみや無気力状態といった症状が出るのです。更年期障害と思っていた体の不調が、じつは甲状腺に原因がある場合もあります。

甲状腺の病気は成人の5~10%にあるとか。男女比は「1:9」で圧倒的に女性に多いのが特徴です。症状としては、動悸・息切れ・イライラ・汗をかくなど、いろいろな症状が出てきます。

甲状腺機能亢進症と更年期障害との見分け方は、手をまっすぐ前方に出すことです。甲状腺機能亢進症は手がブルブルと震えますが、更年期障害では震えは出てきません。震えが出る人は、病院に相談しましょう。

■『駆け込みドクター』
【女性ならではのカラダの悩み】

池上季実子も悩む更年期によるホットフラッシュ
熟年離婚が更年期障害によって増えている!?
道端アンジェリカがダメ出しされた健康法とは?
hitomiが「過敏性肺炎」が原因で1か月で引越し
水虫の原因は足の過剰な角質ケアかもしれない
尿漏れの原因を改善する骨盤底筋トレーニング
西村知美の尿漏れは女性の7人に1人が悩む症状

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事