ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

うつ治療には「腸の健康」が重要なカギだった

腸を治せばほとんどの病気が治ってしまいます。それは「うつ治療」も例外ではありません。うつ治療には、じつは腸の健康が重要なカギを握っていたのです。『主治医が見つかる診療所』の「免疫力アップスペシャル」で紹介されていました。



スポンサーリンク
うつ治療には「腸の健康」が重要

うつ治療の10人中3人が治っていく

長崎県諫早市にある西諫早病院の田中保郎先生の元には、1日およそ80人の患者さんが訪れます。しかもその多くが、ほかの病院では治すことができず、さまざまな症状に苦しんでいる患者です。

田中先生の持論は「腸を治せばほとんどの病気が治る」というもの。独自の理論に基づいて、どんな病気もまずはお腹から診察します。頭痛やめまい、肩こりや便秘、なんとアトピー性皮膚炎でもです。

なかには、うつ治療に患者がやってくる場合もあります。その場合も、東洋医学の基本どおりにお腹を見て、その特徴に合わせて漢方を処方。10割ではありまえんが、10人中3人が治っていくといいます。つまり、腸を健康にすることでうつ治療できるのです。

腸が健康になるとうつ治療できる

人間の体は「脳」が司っていると考えがちですが、田中先生によれば「腸」が根本的に体のすべてを司っている…とのこと。というのも、哺乳動物は腔腸動物から発生しています。そして、クラゲなど腔腸動物は脳は持っていなくても腸は持っているのです。

そこから鑑みると、脳と腸のどちらが体をコントロールしているかは自明でしょう。じつは腸のほうが脳をコントロールしているといえるのです。

「うつ」は、脳の神経伝達物質であるセロトニンやドーパミンが足りなくなってくる病気。最近の研究で、腸内細菌が脳の中の神経伝達物質の元を作っていることがわかってきました。

つまり、腸が健康になると腸内細菌が神経伝達物質の元を生産するようになり、それが脳に影響を与えてうつ治療できると考えられます。逆にいえば、腸が不健康になると、うつになってしまう可能性もあるわけです。

■『主治医が見つかる診療所』
【免疫力アップ&老化防止】

産後うつの症状が腸を治すことで改善した事例
腸が健康になると「うつ病が治る」メカニズム
水太りする原因は腸内細菌が肥満型だから!?
腸内細菌を元気にする特製ヨーグルトセーキ
腸腰筋の筋トレで腸が元気になるメカニズム
免疫力を高めるアレンジ湯豆腐の簡単レシピ
フィトンチッドで免疫力がアップするメカニズム
南雲吉則のデトックス鍋で免疫力をアップする

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事