ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

狭心症の症状は上半身の左側に出るのが特徴

健康診断では見つけられない重大な心臓の病気が「狭心症」です。それでは、自分でいち早く発見するにはどうすればよいのでしょう? じつ狭心症の症状は左上半身の痛みで判断できるのです。『主治医が見つかる診療所』の「心臓病の発見法」で紹介されていました。



スポンサーリンク
狭心症の症状は上半身の左側に出る

狭心症の症状は上半身の左側

狭心症は「症状が出る場所」を知っておくことで早期発見できます。狭心症の症状は痛みがメインもなりますが、その痛みのパターンである程度の診断ができるのです。

狭心症の症状が出る場所というと、多くの人は心臓の痛みをイメージします。しかしが、首や肩、腕や脇、ときには胃など、いろいろなところに痛みが散るの狭心症の症状です。

範囲は胸のあたりとは限らず、上半身の左側全般におよびます。左半分の耳の穴からおへそまでのどこかに異常があれば、狭心症の可能性を念頭に置くべきでしょう。ギューッとした感じの痛みであることも特徴です。

症状の再現性が狭心症では大切

狭心症の症状の特徴には「手のさし方」もあります。どこが痛いか聞かれると、狭心症の場合は指を曲げて心臓をさしている人が非常に多いのです。指を伸ばして心臓をさしている場合、無意識に表面の痛みを訴えています。指を曲げてさすのは、内部が痛いことを表現しているわけです。

さらに、狭心症には典型的な症状があります。心臓の血管が細くなっているために、坂道でも階段でも同じくらい上ったときには、必ず同じような症状が出ます。症状の再現性が狭心症では非常に大切なポイントです。

たとえば、階段を上って息切れや痛みを感じたとき、それが一度きりなら狭心症の疑いは低いということ。同じような階段を上っても、ほぼ同じ息切れや痛みを感じる場合、狭心症の疑いが高くなるのです。

狭心症には「女性患者の症状」も特徴。女性の場合、胸が苦しいなど共通でおこる症状がないことがあるのだとか。たとえば、突然汗が大量に出たり、息切れや吐き気がしたり…という症状です。

■『主治医が見つかる診療所』
【心臓病の発見法】

心電図は異常なしでも狭心症で危険な状態だった
狭心症が心電図検査だけでは見つからない理由
長引く咳は「心臓房弁膜症」が原因かもしれない
心房細動が原因の脳梗塞を予防するポイント3つ
不整脈が原因で脳梗塞が引き起こされる恐怖!!

■「狭心症」おすすめ記事
「狭心症」が原因でおこるしびれの見分け方
微小血管狭心症の症状は40代にピークを迎える
微小血管狭心症の治療法が謎に包まれていた理由

■「心臓」おすすめ記事
心臓が痛い原因は8割以上が心臓病ではない
胸の痛みはほとんどが「心臓病」が原因ではない

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事