ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

徐脈性不整脈の症状の見分け方は脈が止まる時間

脈が飛ぶのは心臓が一時停止するため。安全な脈とびは2秒ほどですが、危険な脈とびは数秒にわたっておこります。この脈とびは「徐脈性不整脈」と呼ばれるもの。その見分け方を解説します。『ためしてガッテン』の「物忘れの原因が心臓」で紹介されていました。



スポンサーリンク
徐脈性不整脈の症状の見分け方

徐脈性不整脈の症状の見分け方

徐脈性不整脈の症状の見分け方は、脈拍が「3秒以上」止まるかどうか。安全な脈とびであれば2秒以内でおさまります。脈拍を測るポイントは、利き腕の人差し指の延長線上の手首を、反対側の手の人差し指から薬指までの3本でおさえること。指先を立てて、強めにおさえると脈を取るのがコツです。

徐脈性不整脈の症状では、3秒以上脈が飛ぶと「物忘れ・疲労・息切れ・冷え」などの症状が現われます。5秒以上になると、フラッとするような「めまい」がおこる人もいるほどです。

さらに、7秒以上になると、立っていると失神してしまう場合もあるとか。横になっている場合は9秒以上で失神することがあります。徐脈性不整脈の症状は、姿勢なども含めて個人差があるのです。

徐脈性不整脈は脈が遅い不整脈

徐脈性不整脈は、脈が遅い不整脈という意味になります。加齢などはあまり関係なく、さまざまな年代でおこっているもの。その原因はいまだ不明です。ちなみに「徐脈」は脈拍がゆっくりになることで、「頻脈」は脈拍が速くなること。不整脈はこの2つに分かれます。

また、脈拍数が1分間に「40回以下」の場合も徐脈性不整脈の可能性があります。正常であれば、1分間に60~100回の脈拍があるはずです。徐脈性不整脈の場合は電気がうまく伝わらずに、脈拍が遅くなってしまいます。

神経質になりすぎることはありませんが、気になる症状や脈拍の異変があれば循環器内科で診察を受けるようにしましょう。徐脈性不整脈は、その症状と脈拍で発見できるのです。

■『ためしてガッテン』
【物忘れの原因が心臓病】

心停止は知らないうちに9割の人におきている
脈が飛ぶ…でも危険タイプと安全タイプがある
スポーツ心臓になると安静時の心拍数が激減
徐脈性不整脈の症状はペースメーカーで治療
物忘れの原因が脈とびによる心臓の一時停止!?

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事