ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

骨粗鬆症の治療「牛乳」飲んでも意味がない

中高年になると筋肉の衰えとともに気になるのが「骨」の衰えです。なかでも、骨密度が低下して骨折しやすくなる骨粗鬆症(こつそしょうしょう)を心配する人は多いでしょう。この骨粗鬆症の治療や予防に牛乳を飲む人がいますが、それだけではあまり意味がありません。



スポンサーリンク
骨粗鬆症の治療に牛乳は意味なし

骨粗鬆症の治療は牛乳だけではNG

骨粗鬆症の治療や予防に、牛乳を飲んだりカルシウムの錠剤を摂る人がいますが、あまり効果が上がっていない人が多いのが実状です。じつは骨粗鬆症は、骨の元になるカルシウム不足だけがの原因というわけではありません。

もともと骨には、骨を作る細胞である骨芽細胞と骨を溶かす破骨細胞が存在。破骨細胞が骨を溶かして、そこに骨芽細胞が働いて骨が作られています。これを常に繰り返すことで、骨は若返りを図っているのです。

ところが、人間は加齢とともに骨芽細胞の働きが鈍くなってくるもの。一方の破骨細胞の働きはあまり変わりません。このため骨は相変わらず壊されるにもかかわらず、作り直されない状態に…。

これが骨粗鬆症のメカニズムです。このため、いくら骨粗鬆症の治療に牛乳を飲むだけではNG。骨芽細胞が働いてくれない限り骨は強くなりません。

骨粗鬆症の治療に骨の刺激が不可欠

加齢によって衰えてしまう骨芽細胞ですが、じつは意外に簡単な活性化することができます。それは骨に刺激を与えることです。

骨に刺激を与えるといっても、やり方は簡単。立っている機会を増やして、骨にしなるような力が加わるようにするのです。これを専門用語では重圧牽引といいます。

そして、骨に負荷をかけるもっとも手軽な方法はウォーキングです。これで骨芽細胞が刺激されれば、カルシウムなど骨の材料となる栄養もよく吸収されるようになります。

ウォーキングなどで骨に刺激を与えないまま、牛乳や錠剤でカルシウムを摂っても、尿に混じって流れて出てしまうだけ。体内に定着せずに、体をすり抜けてしまいます。骨に負荷をかけて骨芽細胞を活性化することで、骨粗鬆症の治療や予防のカルシウムが初めて生かされて骨が蘇るのです。

■「骨粗鬆症」おすすめ記事
新治療に期待!骨粗鬆症を防ぐ遺伝子を発見
骨粗鬆症は老化の結果ではなく原因だった件
骨粗鬆症の予防には「カルシウム+コラーゲン」
骨粗鬆症が原因で慢性腰痛になっていた症例
腰痛の原因は骨粗鬆症による圧迫骨折かも!?

■「牛乳」おすすめ記事
腸内環境を改善!プレ歯磨きからリンゴ牛乳まで
高齢者が運動で筋肉をつけるなら牛乳を忘れずに
牛乳レシピはコクとうま味があるから減塩になる
豚汁の作り方は味噌を半分にして牛乳を加える

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事