ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

「骨粗しょう症」8割は女性…危険度チェック

「骨粗しょう症」とは、骨が弱くなって骨折しやすくなる病気。患者数は約1,300万人といわれており、そのうちの「8割が女性」といわれています。正常な骨と骨粗しょう症を発症した骨の断面を比較すると、明らかに骨がスカスカの状態です。5月11日放送『駆け込みドクター!』の「骨を鍛えると若返る!!」で紹介されていました。



スポンサーリンク
?????????????

その原因は、骨を形成する際のバランスの崩れ。骨は新しい骨を作り、古くなった骨を壊すという行為を絶えず繰り返しています。これが「骨の新陳代謝」です。こうした骨の生まれ変わりである「作る」と「壊す」のバランスが崩れると、骨の密度が低下してスカスカになる骨粗しょう症となります。

骨密度が低下して、とくに注意しなければならないのが「骨折」です。骨粗しょう症が原因で骨折した人は、年間で14万8,100人もいます。

そして、女性が閉経すると骨粗しょう症のリスクが高まります。その理由は女性ホルモンの一種である「エストロゲン」の減少です。エストロゲンには骨の形成を助ける働きがあります。そのため、エストロゲンが減少すると骨の形成が損なわれ、さらに骨を壊す細胞が活性化されるため骨密度が低下。骨がスカスカになってしまるのです。

これが骨粗しょう症患者の8割が女性である理由。一方、男性はもともと骨密度が女性に比べて高く、急激なホルモンバランスの変化もないため、骨粗しょう症にかかりにくいのです。

そこで、どんな人が骨粗しょう症になりやすいかの「危険度チェック」を紹介しましょう。「3つ以上」当てはまる人は骨粗しょう症のリスクありです。

【骨粗しょう症危険度チェック】

  • 乳製品や魚をあまり食べない
  • タバコを吸う
  • お酒を毎日飲む
  • 仕事や生活にストレスを感じている
  • ダイエットを頻繁に行っている
  • 小柄でやせ形

「小柄でやせ形」の人が骨粗しょう症になりやすいのは、体重がある程度ある人のほうが、体重に耐えるために骨を増やそうとしているため。「小柄でやせ形」の人のほうが、一般的に骨密度は低いのです。また、タバコを吸っている人の骨折発生率は、吸っていない人の「1.3~1.8倍」も高いといいます。

■5月11日放送『駆け込みドクター!』
【骨を鍛えると若返る!!】

シワの原因は骨の老化!1日2分の若返り運動
知らぬ間に「脊椎圧迫骨折」簡単チェック法

■「閉経後」おすすめ記事
池上季実子の更年期障害…ホットフラッシュ
身長が縮む!?骨粗しょう症で背骨が圧迫骨折
ホットフラッシュの症状を改善する3つの対策

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事