ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

指先のしびれの原因は中指側か小指側で判別する

指先のしびれは、おもに手や腕の末梢神経の障害が原因です。背骨のなかには脳へつながる脊髄が通っています。生命を維持するための中枢となるのが神経の集まりである脳と脊髄。中枢神経とは脳と脊髄のことです。梢神経は、中枢神経に出入りする神経のこと。指先のしびれはここに障害がおこっています。



指先のしびれの原因は中指側か小指側で判別する

指先のしびれがおきる病気とは

末梢神経は全身に広く分布しています。手や腕を使いすぎたりケガをしたり、同じ姿勢を続けたりして末梢神経のどこかが圧迫されると、その末梢神経が支配している領域にしびれがおこるわけです。

末梢神経の障害には、1つの末梢神経に障害がおきている場合と、複数の末梢神経に障害がおきている場合があります。ひじから手先だけにおこるしびれは、おもに1つの末梢神経の障害が原因。指先のしびれもこれに当たります。

指先のしびれがおきる病気とは、おもに手根管症候群と肘部管症候群、橈骨神経麻痺。病気によって障害がおきる神経が異なるため、指先のしびれもそれぞれ異なります。その判別ポイントとなるのが、薬指のどの部分がしびれるかです。

指先のしびれを判別するポイント

指先のしびれが薬指の中指側半分なのか小指側半分なのかは、原因を判別する大きなポイントになります。そして、親指から中指、そして薬指側の指先のしびれは、手根管症候群が原因です。

手根管症候群による指先のしびれはとくに中指がしびれることや、朝方にしびれが強いことも特徴。手首の手根管で正中神経が圧迫されています。

また、小指と薬指の小指側に出ている指先のしびれは、肘部管症候群が原因。ひじの肘部管で尺骨神経が圧迫されています。このほか、手の甲や親指から人差し指がしびれるのは橈骨神経麻痺が原因。腕枕などで橈骨神経が圧迫されるとおこりますが、通常は神経への圧迫がなくなると指先のしびれは治まります。

■「指先のしびれ」おすすめ記事
「指先のしびれ」その原因を見分ける方法!!
胸郭出口症候群で指先のしびれがおこる理由とは

■「しびれ」おすすめ記事
「頚椎症性脊髄症」危険なしびれを見分ける
しびれの原因を見極める「10秒テスト」とは
腕や肩に「しびれ」が現れる心臓の病気!?
「狭心症」が原因でおこるしびれの見分け方
末端から近づく「しびれ」は放置すると危険
しびれがヨコに現れたら「糖尿病」のサイン
手根管症候群は人差し指と中指のしびれが特徴

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事