ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

心臓が痛いときの原因をチェックする方法とは?

心臓が痛いといっても心臓の病気であるとは限りません。心臓が痛いときに原因をチェックするポイントとなるのは、1つは痛みが広がるかどうか。そして、心臓が痛いのが表面なのか奥なのかです。それと、痛みの現れ方も大いに関係します。心臓が痛いときの原因をチェックする方法を見ていきましょう。



心臓が痛いときの原因をチェックする方法とは?

心臓が痛いときの代表的な心臓病

心臓が痛いときの代表的な心臓病が狭心症や心筋梗塞です。狭心症で心臓が痛いときは、締め付けられるような痛みや胸が圧迫されるような痛みと、よく例えられます。ただし直接、心臓が痛くなるとは限りません。

肩やあご、腕や背中などに痛みが広がることがあることには要注意。心臓が痛いだけでなく、痛みがあごや左腕、歯、背中まで広がる場合は心臓の病気である可能性が大といえるでしょう。

逆に、心臓が痛いからといっても、その原因が心臓病であるとは限りません。肺や胃、食道、胆のうなどの内臓、肋骨や筋肉などの異常でも心臓が痛いと感じることがあります。

心臓が痛いといっても表面は筋肉痛

心臓が痛いといっても皮膚の表面に感じる場合や鋭い痛みは、心臓より筋肉や神経が原因であることが多いのです。このほか、呼吸や咳、くしゃみをすると心臓が痛い場合は、胸郭に原因があると考えられます。

心臓病の場合、胸の奥が圧迫されたように痛みます。しかも、心臓が痛いという症状は突然おこることも特徴です。また、胸から背中、腰などへと走る痛みは解離性大動脈瘤の危険性が高いでしょう。

一般的には、心臓が痛いことよりもほかの症状が強い場合は、心臓以外に原因があると考えられます。たとえば帯状疱疹では、肋骨の間に強い痛みがありますが、水疱や発熱などの症状があるため、心臓病と区別できるというわけです。

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事