ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

内臓下垂の原因は食事制限ダイエットにあった

無理なダイエットは必ずリバウンドするだけでなく、健康を損ねてしまうケースもあります。とくに、無理な食事制限をするダイエットは内臓下垂の原因にもなりかねません。胃下垂から腸下垂へとドミノ倒しのような負のスパイラルが発生。食事制限ダイエットで内臓下垂がおこる一部始終を見てみましょう。



内臓下垂の原因は食事制限ダイエットにあった

内臓下垂は女性に多く見られる

食事制限ダイエットでおこる内臓下垂は、女性に多く見られます。女性は男性より皮下脂肪が多く、内臓脂肪が少ないのが特徴。ここで食事制限ダイエットをすると、さらに内臓脂肪が減少することになります。

すると発生するのが、内臓の位置を保持できなくなる現象。これに加えて、ダイエットで内臓を支えるお腹のインナーマッスルが衰えてくると、内臓下垂が始まります。まず胃下垂が発生して、下がった胃は腸の位置にも影響を与えるのです。

大腸は右下腹から左下腹まで、時計回りに下向きに開いたコの字型に配置されているもの。この大腸の上部にあたる部分が横行結腸です。下がった胃は横行結腸を押し下げて、腸下垂を引き起こします。

内臓下垂はさまざまな不調を招く

横行結腸の位置が下がることで影響を受けるのは、大腸と直腸をつなぐS状結腸。S状結腸の位置も下がることになります。こうしてドミノ倒しのように内臓下垂がおこるのです。

こうして内臓下垂が発生すると、結果的に腸内のカーブが増えることになります。すると便は腸を通過しにくくなって、腸内で水分を吸収されすぎた状態になるのです。こうして便が硬くなって、便秘となってしまうのでした。

便秘が続くと、今度は腸内が悪玉菌優位な状態に変化。有害な物質が発生して体中に運ばれていくことになります。食事制限によるダイエットによる内臓下垂の負のスパイラルは、さまざまな不調まで招くことになるのでした。

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事