ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

良性発作性頭位めまい症「寝返り」で治療できる

良性発作性頭位めまい症は、耳を原因とするめまい患者の中でもっとも多い病気です。洗濯物を干そうと上を向けたときや靴を履こうとして下を向いたときに、めまいがおきます。良性発作性頭位めまい症の原因は三半規管に入り込んだ耳石のかけら。正しい手順で寝返りをすることで治療できるものです。



スポンサーリンク
良性発作性頭位めまい症「寝返り」で治療できる

良性発作性頭位めまい症の原因は耳石

良性発作性頭位めまい症は数秒から数分でめまいが治まるのが特徴。ときに吐き気や嘔吐を伴って半日ほど寝込むこともありますが、耳鳴りがおきたり難聴になったりといった症状は出ません。

良性発作性頭位めまい症の原因は、耳の内耳にある頭の傾きや速度を感知する耳石がはがれ落ちて、それが三半規管に入り込んでしまうため。耳石は炭酸カルシウムでできた小さな結晶で、加齢や寝る姿勢、頭部打撲などではがれ落ちるのです。

この耳石のかけらが三半規管の中に入ると、中を満たしているリンパ液の流れを乱してしまいます。三半規管はこのリンパ液の流れで体や頭の傾きや回転を感知する器官。これが乱れることでめまいが発生するわけです。

良性発作性頭位めまい症の治療手順

良性発作性頭位めまい症は、病名に良性と付いているように、命を落とすような病気ではありません。とはいえ、良性発作性頭位めまい症のめまいは繰り返しおこるもの。病気を治すには三半規管に入ってしまった耳石を外に出す必要があります。

良性発作性頭位めまい症は寝返りで治療可能。正しい手順で寝返りすることで耳石を三半規管の外に出せるのです。それにはまず仰向けになったら、顔だけ右に向けて10秒、続いて体も右に向けて10秒、いったん仰向けに戻って10秒数えます。

今度は顔だけ左に向けて10秒、体も左に向けて10秒数えたら、元の仰向けに戻って終了です。この動きを1回3セット、1日3回行います。ポイントは、必ず右から行うことです。

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事