ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

「がん予防」に効果的な食べ物…第1位は?

アメリカが2千万ドルの予算をかけて調べた「がん予防に効果のある食べ物」のリストがあります。なかでも「にんにく・キャベツ・大豆・ターメリック」がとくに効果が高いとか。3月30日放送『駆け込みドクター!』の「2人に1人がかかる病がんを知ろうSP」で紹介されていました。



スポンサーリンク
can5

がん予防に効果がある食べ物

1990年、食べ物とがんの関係について、アメリカ国立がん研究所が国家プロジェクトとして調査を行いました。その調査とは、がん予防に効果がある食べ物の選別です。穀物や野菜、フルーツなど120以上もの食べ物を調べました。

なかでも効果的とされたのが20品目。「にんにく・キャベツ・大豆・たまねぎ・にんじん・ピーマン・カリフラワー・トマト・なす・ブロッコリー・きゅうり・じゃがいも・マスクメロン・バジル・ターメリック・あさつき・オレンジ・グレープフルーツ・ベリー・レモン」です。

調査の結果、これらはすべて有効だとわかりました。なかでも、もっとも効果があるとされる「ベスト4」を紹介しましょう。

強力な抗酸化作用でがん予防に効果的

まずは「キャベツ」です。キャベツなどのアブラナ科の野菜はがんのリスクを低下させます。白菜や大根、かぶ、小松菜、野沢菜なども有効でしょう。

続いては「大豆」です。豆腐や油揚げ、納豆、おから、枝豆などの大豆食品も効果的でしょう。さらに、大豆イソフラボンが乳がんのリスクを低下さえるという研究報告もあります。

そして、カレーの黄色い色素「ターメリック」です。強力な抗酸化作用で、がん予防に効果的といわれています。とくに「大腸がん」や「悪性リンパ腫」の予防に効果が高いようです。黒コショウと一緒に摂取すると、さらに吸収率が上がります。


スポンサーリンク

がん予防に効果が高いにんにく

この20品でがん予防にもっとも効果が高いといわれているのが「にんにく」です。にんにくに含まれている成分「DATS(ダッツ)」に、がん細胞の増殖を抑制・消滅させる効果があります。

DATSはにんにくの「臭い成分」に含まれているもの。にんにくは傷をつけると臭いが出るため、切ったりすり下ろしたりするとさらに効果的です。食べる量の目安は「1日1片」になります。

ただし、女性を対象にした研究では、大豆食品を食べ過ぎると肝臓がんのリスクが高まるという報告も…。何か1つの食材のみに集中するのではなく、バランスよく食べることが大切です。

■3月30日放送『駆け込みドクター!』
【2人に1人がかかる病がんを知ろうSP】
お酒で顔がすぐ赤くなる人は「がん」になる
間寛平「前立腺がん」冒険が発見を手助け?

■「がん」おすすめ記事
大丈夫?「片側だけの鼻水」はがんの兆候!?
血便の原因が大腸がんか痔かを判別する方法
足の裏のほくろがメラノーマ…実際の症状は?
死亡率が高い「メラノーマ」4つの症状とは?

■「にんにく」おすすめ記事
大腸がんの予防に効果のあるにんにく摂取量は?
にんにく栽培する人はホントに大腸が健康だった
にんにくの効果「大腸がんの予防」は世界の常識

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事