ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

癌に効く食べ物としてクレソンが注目される理由

なぜこのクレソンが癌に効く食べ物になるのでしょう? それはクレソンに含まれる抗酸化作用を持つ栄養素「イソチオシアネート」の量に秘密があります。クレソンはイソチオシアネートがダントツに含まれているから癌に効く食べ物なのです。『みんなの家庭の医学』で紹介されていました。



スポンサーリンク
癌に効く食べ物としてクレソンが注目される理由

癌に効く食べ物はクレソン

クレソンはアブラナ科野菜に分類されるもの。これらの野菜にはイソチオシアネートという抗酸化作用を持つ栄養素が入っています。イソチオシアネートとは、野菜に含まれる辛み成分のひとつです。

このイソチオシアネートが体内に入ると、その働きによって体内で作られている抗酸化物質を大量に作り始めます。すると、増えた抗酸化物質が全身の細胞内にある有害な活性酸素を無毒化。癌の発生を抑制してくれるため、癌に効く食べ物とされているのです。

事実、国際的ながん研究の世界的権威である国際がん研究機関の発表にも、ブロッコリー・キャベツ・クレソンなどアブラナ科野菜が癌のリスクを減少させるという一文を掲載。世界的にもその効能が示唆されています。

癌に効く食べ物となる量は?

イソチオシアネートはアブラナ科の野菜にとくに多く含まれている成分です。そのなかでも、クレソンが癌に効く食べ物とされる理由はイソチオシアネートの量にあります。

実際、100gあたりのイソチオシアネートの量は、カリフラワー11.6、キャベツ27.5、ブロッコリー38.6。それがクレソンは81.3とダントツに多く含まれているのです。

クレソンを日々食べることで、癌に強い体を作ることができると考えられています。それでは、1日にどれくらいのクレソンを食べれば癌に効く食べ物になるのでしょう。じつは量に関しては、いまの段階では明らかになっていません。

■「癌に効く食べ物」おすすめ記事
玉ねぎの効能に胃がん予防!水にさらしちゃダメ
にんにくの効果「大腸がんの予防」は世界の常識
大腸がんの予防に効果のあるにんにく摂取量は?
にんにく効果は熟成のさせ方で10倍以上も増加

■「癌」おすすめ記事
大丈夫?「片側だけの鼻水」はがんの兆候!?
足の裏のほくろがメラノーマ…実際の症状は?
死亡率が高い「メラノーマ」4つの症状とは?
血便の原因が大腸がん…と思ったときの対処法
「皮膚がん」と「ほくろ」の見分け方とは?
血便の原因が大腸がんか痔かを判別する方法

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事