ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

葛根湯は風邪の症状によっては効果がなかった

病気やケガの治療に欠かせない医薬品。そんな医薬品を調剤、患者に服薬指導を行う薬に関するスペシャリストが薬剤師です。そんな薬剤師がいうには、風邪のひきはじめに多くの人が飲む葛根湯は、症状によっては効果がありません。『ジョブチューン』で紹介されていました。



スポンサーリンク
葛根湯は風邪の症状によっては効果がなかった

葛根湯は症状によって効果がない

葛根湯は風邪のひきはじめに効果のある万能薬だと勘違いしている人がほとんど。しかし、のどが痛いときや鼻水が出るといった症状のときには、あまり効果がありません。

葛根湯は発汗を促して発熱を抑える効果があります。このため、寒気がするような風邪のひきはじめには効果的です。

鼻やのどが痛いときには、銀翹散や天津感冒片などの漢方薬がよく効きます。その意味では、風邪は寒気からかのどや鼻の痛みからかのどちらからか始まるもの。葛根湯と合わせて常備しておくとよいかもしれません。

葛根湯は症状を見て効果的に使う

風邪の具体的な症状が出てからは西洋的な薬が効きますが、風邪のひきはじめは圧倒的に漢方薬がおすすめ。よく処方される西洋医学の薬は、すでに発症してしまった症状を抑えるためのものです。

一方の漢方薬は、体を温めるなど体質そのものを改善するため、風邪のひきはじめなど体が弱っているときには有効なのです。葛根湯は症状を見極めて、効果的に使いましょう。

なお、ドラッグストアで売られている漢方薬で知っておきたのが黄連解毒湯。黄連解毒湯は体のほてりやイライラを抑えられるほか、解毒作用があるのがポイントです。二日酔いに効果があります。

■「風邪」おすすめ記事
長引く風邪は鼻茸(はなたけ)という病気かも
インフルエンザと風邪の違いを見極めるポイント
風邪で熱が出たら厚着をして汗をかく…は間違い
風邪に抗生物質が効くのは細菌性の風邪だけ!!

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事