ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

「肩こり」の影に重大な病気が潜んでいる!?

じつは肩こりには、内臓の病気が隠れていることがあります。そんな痛みの可能性が「狭心症」です。そのメカニズムについて詳しく見ていきましょう。3月2日放送『駆け込みドクター!』の「肩こり解消法を大公開SP」で紹介されていました。



スポンサーリンク
「肩こり」の影に重大な病気が潜んでいる!?

左肩に痛みを感じるのは狭心症かも

狭心症とは、心臓の血管が狭くなって血流が不足して、胸に痛みや圧迫感をおこす病気。心筋梗塞の前兆ともいわれる危険な症状です。

この狭心症、締め付けられるような胸の痛みだけでなく、左肩に痛みを感じる場合もあります。じつはこれ「放散痛」と呼ばれるものです。

放散痛とは実際に痛んでいるところ以外の場所を、脳が勘違いをして痛いと感じてしまうこと。狭心症の場合、痛みの元である心臓以外に、左側の肩や腕などに放散痛が出るといいます。

右の肩こりの場合は胆石症の疑い

右の肩こりの場合は「胆石症」の疑いがあります。胆石症とは、胆のうに蓄えられた「胆汁」が何らかの原因で石のように固まってしまうことです。

胆石による痛みは、通常は胆のうがある右側の腹部に現れるのが通常。しかし、右肩などに放散痛が出る場合があるのです。

重大な病気が潜んでいるかもしれない肩こり。これまで感じたことのないこりを感じたら、放置せずに医師に相談しましょう。キーワードとしては「経験したことがない」と「いつもと違う」です。

■3月2日放送『駆け込みドクター!』
【肩こり解消法を大公開SP】

肩甲骨のゆがみが「肩こり」を引き起こす!
肩こり解消!背骨のゆがみをタオルで矯正!!
四十肩・五十肩は「ぶらぶら体操」で治す!
「肩こり」の影に重大な病気が潜んでいる!?

■「肩こり」おすすめ記事
「ふくらはぎ」を揉んで「肩こり」を解消!!
五十肩を防ぐ!猫ストレッチ&ペンギン体操

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事