ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

平滑筋がせり出してくる脳卒中の発症メカニズム

血圧の変動幅が大きい人は、脳卒中が発症しやすい体質といえます。それは脳にある平滑筋が血圧の上下によって鍛えられてしまうからです。鍛えられた平滑筋は結果的にせり出してしまい、血管を詰まらせるのでした。『ためしてガッテン』で紹介されていました。



スポンサーリンク
平滑筋がせり出してくる脳卒中の発症メカニズム

平滑筋は血管の広がりをおさえる

血圧の変動幅が「15以上」ある人は、新型の脳卒中が発症しやすい体質です。なぜ変動幅が大きいと「脳卒中」がおきやすいのでしょう?

「脳卒中体質」による脳卒中は、脳の手や足の動きに関わる運動機能を関わる部分に発症します。「穿通枝」と呼ばれる0.5mmほどの細い血管です。

穿通枝の血管の壁というのは「平滑筋」と呼ばれる筋肉でできています。これは血管が広がりすぎるのをおさえる役目を果たします。

平滑筋がせり出して血管が詰まる

1日のうちで血圧が上がったり下がったりを何度も繰り返していると、平滑筋は仲間を増やす増殖因子を出すのです。すると、血管の内側に増殖したした平滑筋がせり出してくることに…。これが進行すれば、血管が詰まってしまうというわけです。

久留米大学で行われた実験を紹介しましょう。血圧が変動しやすいラットについて、腎臓の血管を調べました。じつは腎臓にも、穿通枝と同じように太い血管から急に細く枝分かれする部分があるのです。その血管の変化を調べました。

血管の断面図を見てみると、それまで通っていた血管が詰まってしまう様子が観察できます。数十ミクロンの血管が、このような変化を見せていました。この実験ではただ単に高血圧のラットも調べましたが、このような変化は観察できません。

■「脳卒中」おすすめ記事
睡眠の質を向上させて脳卒中体質から脱出!
「脳卒中体質」を克服している地域があった
「脳卒中体質」は血圧が変動する人だった!!
高血圧でなくてもおきる新型の脳卒中とは?
「脳卒中」から命を守る非常に有効な方法!
脳卒中の症状をいち早く見分けるFASTとは?
脳卒中の症状で救命士に伝えるべき4つの情報
脳卒中の症状が高血圧でなくても出やすい体質
脳卒中を予防するための3つのポイントとは?

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事