ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

便利な生活知恵袋

仙腸関節のストレッチは歩きながら体をねじる
仙腸関節は上半身と下半身をつなぐ重要な関節。ふだんから姿勢が悪いと仙腸関節の動きが悪くなり、何らかの刺激で腰痛を発症してしまいます。このため、腰痛の予防には、ふだんから仙腸関節をストレッチする[…続きを読む]
EPAとDHAを効率的に摂るなら「さばの水煮缶」
EPAとDHAは、中性脂肪の数値を改善して血管を若返らせてくれる栄養素。EPAとDHAは肝臓で中性脂肪が合成されるのを抑えるほか、血管を柔らかくして若返らせる効果も期待できます。そんなEPAと[…続きを読む]
中性脂肪の数値はさまざまな原因で増減している
消費されなかった栄養は肝臓に運ばれ、あとで使えるように中性脂肪に変えて蓄えられます。中性脂肪はいわば、エネルギーの貯金箱のようなもの。そして、血液中の中性脂肪の数値は1日のなかで増えたり減った[…続きを読む]
インナーマッスルの鍛え方は上半身の前屈だけ
インナーマッスルとは体の深層にある筋肉全般のこと。インナーマッスルでも、とくに重要な役目を果たしているのが腹横筋です。腹横筋はお腹をコルセットのように覆う、腹筋のもっとも深いところにある円柱状[…続きを読む]
スポーツ心臓は持久系と瞬発系で少し違っている
スポーツ心臓とは、スポーツ選手に見られる心臓の変化と安静時脈拍数の低下のこと。レントゲン撮影すると心臓は拡大して大きくなっています。大きくパワーアップした心臓によって、送り出せる血液量が増加。[…続きを読む]
大腰筋の鍛え方は椅子の座り方を工夫するだけ
大腰筋の鍛え方は椅子の座り方を工夫するだけです。ただ座っているだけでも、大腰筋を鍛えることができます。大腰筋の鍛え方のポイントは、ひざを腰より下にする座り方。椅子に深く腰かけて背筋をまっすぐ伸[…続きを読む]
お腹痩せに即効くインナーマッスルウォーキング
お腹痩せに即効くのが「インナーマッスルウォーキング」です。インナーマッスルウォーキングとは「お腹をへこませて歩く」だけ。ふだんから意識的にこのウォーキングをしていれば、お腹痩せに即効性のあるイ[…続きを読む]
大腰筋が衰えると椅子に深く座るのが苦痛になる
大腰筋が衰えると、お腹に脂肪がつきやすくなり、内臓が下垂して出っ張ってきます。大腰筋は骨盤を正常に保つ役割もあるため、上半身の姿勢も正しく保てなくなってしまうのです。そこで、大腰筋が衰えている[…続きを読む]
大腰筋の鍛え方は高く足を上げるレッグレイズ
大腰筋とは、背骨の下部から太ももの付け根を結ぶインナーマッスル。大腰筋は足を引き上げるときに働きます。このため、大腰筋が衰えてくると、ふとした段差でもつまづくようになってしまうのです。大腰筋は[…続きを読む]
内臓脂肪レベルを効率的に減らす目標心拍数とは
内臓脂肪レベルを減らすために運動しているのに、運動しているのになかなか痩せないという人も多いのでは? 内臓脂肪レベルを減らすには、効率よく脂肪燃焼できる有酸素運動がおすすめです。内臓脂肪レベル[…続きを読む]

古い記事 新しい記事