ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

カラオケ高得点のコツはマイクを立てて持つこと

カラオケで高得点をとるコツは、マイクを口から10cm離して「立てて」持つことです。また、マイクに余計な音が入らないように、カラオケボックスの端っこで歌うこともカラオケで高得点をとるコツになります。『ホンマでっか!?TV』で紹介されていました。



スポンサーリンク
カラオケ高得点のコツはマイクを立てて持つこと

カラオケで高得点をとるコツはマイク

そもそもカラオケの採点というのは、人間の歌声を「マイクの振動板」が「空気の振動」としてとらえ、それを電気的信号に変換して分析するもの。その際に、マイクの振動版は歌声だけでなく「風」にも反応してしまいます。

これがカラオケの採点では減点対象になってしまうのです。息を吹きかけてしまうと減点になってしまいます。このため、カラオケで高得点をとるコツは口からマイクを離して、息の通り道を作っておくことです。

実際にマイクが拾う音声を分析してみても、マイクを口に近づけたときも離したときも、しっかり反応しています。これは声が一方向ではなく、全方向に出て出ているため。マイクを10cm離したとしても、ちゃんと分析してくれるというわけです。

カラオケ高得点のコツは歌う位置

一方、マイクに息を吹きかけた音を分析してみると、口に近づけた場合は雑音として反応。口から離すと反応しなくなりました。つまり、口に近い位置で歌っている場合、同時に余計なおしゃべりを吹き込んでいるのと同じことなのです。

マイクが拾う音楽は、カラオケの採点から見れば余計な音程のズレ。これを避ける必要があります。このため、カラオケボックスのなかでスピーカーからもっとも離れたい位置で歌うようにするのがカラオケで高得点をとるコツです。

加えて、体でスピーカーの音をブロックすることもポイント。スピーカーを背に、壁を向いて歌うのが正しいというわけです。

さらに一緒にカラオケを楽しむオーディエンスも、歓声や拍手などするのは禁止。拍手の音をマイクに入れないことが、カラオケで高得点をとるコツです。採点では余計な音程のズレとして認識されてしまいます。

■「カラオケ」おすすめ記事
カラオケダイエットのカギ「Eスポット」とは?
カラオケダイエットは1日3曲でウエスト3.5cm減
カラオケダイエットはストレス解消も重要な役割

■「ホンマでっか!?TV」おすすめ記事
足の筋力が弱い島崎和歌子は「要介護」確定
日本人は世界でも有数の引越しをしない民族
夫は小遣い1万で妻は豪遊…離婚裁判の行方は?
口臭予防に効果がある「パタカラ運動」とは
タバコの臭いを服からも髪からも消し去るワザ
乳癌の予防は1日1時間のウォーキングで効果

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事