ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

花粉症は海外にも存在!でもスギ花粉は日本だけ

いまや国民病とも呼べる花粉症ですが、はたしてこれは日本に限った話なのでしょうか。外国人は花粉症にならないのでしょうか。じつは日本に来て初めて花粉症になる外国人は多いもの。海外では日本ほどスギが生えていないからです。『駆け込みドクター!』で紹介されていました。



スポンサーリンク
花粉症は海外にも存在!でもスギ花粉は日本だけ

花粉症を発症する外国人

そもそも日本は「スギ大国」です。海外では、日本ほどスギが生えていません。このため外国人は、日本に来て初めてスギの花粉を大量に浴びることになります。そうすると、一気にスギ花粉症になってしまうのです。

外国人の中には、スギの多い日本でスギ花粉を大量に浴び、花粉症を発症するケースが少なくないといいます。事実、街頭でも来日7年のロシア人や来日10年のトルコ人、来日2年のキューバ人など、日本に来て花粉症になった外国人がいました。

それでは、そもそも花粉症は海外には存在しないのでしょうか? 街頭で質問してみると、ロシアでは「白樺花粉症」、イギリスでは「菜の花花粉症」などがあるようです。

花粉症は海外にも存在

このように花粉症は海外にも存在。住んでいる地域によって自生する植物は違っています。症状は一緒でも、花粉の種類は違ってくるのです。

このほか、アメリカでは「ブタクサ」、ヨーロッパでは「カモガヤ」というイネ科の植物で花粉症に悩む人が多いとか。種類は違えど、花粉症は世界中の人々を悩ませていたのです。

そして、スギ花粉が海外には存在しないため、来日した外国人でも花粉症になるというわけ。つまり花粉症は海外でも共通の話、ただしスギ花粉症は日本だけということなのです。

■「花粉症」おすすめ記事
鼻水か鼻づまりかで使うべき花粉症の薬が違う件
花粉症予防に1日100mlのれんこんエキスが効く
鼻づまり解消ツボ「天迎香」で花粉症を撃退する

■「鼻づまり」おすすめ記事
大丈夫?「片側だけの鼻水」はがんの兆候!?
鼻づまり解消は自律神経を10秒刺激するだけ!
歯性上顎洞炎の症状は「片方だけの鼻づまり」
片方だけ鼻づまりは歯性上顎洞炎かもしれない
鼻茸(はなたけ)が原因の鼻づまりが急増中!
鼻ポリープが原因!いま新型鼻づまりが急増中
従来の治療法で治らない「蓄膿症」が増加中

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事