ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

加湿器にペットボトルの水を使うのはNGな理由

加湿器にペットボトルの水を使うのはNGです。加湿器にペットボトルの天然水を使うと、レジオネラ菌を生み出してしまいます。必ず水道水を使うようにしましょう。しかし、加湿器の恐怖はそれだけではありません。『1分間の深イイ話』で紹介されていました。



スポンサーリンク
加湿器にペットボトルの水を使うのはNGな理由

加湿器による結露でカビが発生

冬の室内は、加湿器を大量に使うことによって「高温多湿」になってしまいます。その結果として、ダニが増えやすくなるのです。

室内にはびこるダニは、温度25~30度、湿度70%以上の環境が大好き。しかも、エサとするのは人やペットの食べこぼしやフケ・アカなど。そのため、冬の室内というのは、ダニにとって天国そのものです。

さらに、加湿器で発生する危険生物はダニだけではありません。冬に問題となるのが、加湿器による「結露」です。この結露を好む危険生物こそ「カビ」。カビは温度20~30度、湿度80%以上で増殖しやすくなります。

加湿器にペットボトルの水はNG

しかも、ダニのなかにはカビをエサとするものも…。カビがたくさん発生すると、それを食べるダニも増えることになります。

また、加湿器にペットボトルの水を使うのはNGです。加湿器にペットボトルの天然水を使うと、レジオネラ菌を生み出してしまいます。必ず水道水を使うようにしましょう。

加湿器を使うときは換気を十分に行って、結露を防止するよう心がけることが大切。部屋の中の湿度も50%程度に保つようにしましょう。もしもカビを見つけたら、消毒用エタノールで拭くこと効果的に除去することができます。

■「加湿器」おすすめ記事
知ってた?加湿器を壁や窓際に置くのは厳禁

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事