ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

浮気相手として危険な女性「話を合わせる人」

浮気相手として危険な女性はどのように見分ければよいのでしょうか? いわば、こういった女性と遊ぶのはやめておけ…という女性はどういうタイプなのでしょう。浮気相手として危険な女性は「話を合わせる人」なのです。『ホンマでっか!?TV』で紹介されていました。



スポンサーリンク
浮気相手として危険な女性「話を合わせる人」

浮気相手に話を合わせる人は避ける

自分の趣味でもないのに話を合わせてくる人は、浮気相手にはやめたほうがよいでしょう。たとえば、男性が野球が好きだとしたら「私も好きなんだ」といって、にわかファンになるようなタイプです。

このような人は「見返り」を求めてきます。趣味などを合わせてくるのは、私もこれだけ努力をしているからあなたもしてくれるわよね…というメッセージがそこには含まれているのです。そのようなタイプは、まさに浮気相手としては避けるべきでしょう。

また、浮気相手として都合がよいのは「奥さんにバラさない」「別れやすい」タイプ。その意味では「次がない」と思う女性は、別れてくれません。手っ取り早くいえば、若い女性ほど次のチャンスがあるので、別れるのも簡単です。

浮気相手は20歳前後の女性がベスト

年齢が行けば行くほど、浮気相手としては別れるのは大変。年齢が上がるとチャンスが減りますから、次がないためなかなか別れてくれないのです。傾向としては、浮気相手は20歳前後の女性がベスト。よい思い出として考えてくれて、別れてくれやすいでしょう。

一方で、男性にとって「一途な女性」は憧れの的。自分だけを思い続けてくれる女性こそが理想の女性…という男性は多いはずです。そんな「一途な女性」を見分けるテクニックもあります。

見分けるポイントとしては2つ。1つは「不安傾向」が高くない人を選ぶことです。不安傾向が高い女性というのは、メールを何度も要求したり、携帯電話を覗くような人。このような人は、自分の不安を埋めるために、もう1人もう1人と「浮気」をするのです。

もう1つのポイントは「新作スイーツが出たから買いに行く」とか「話題のスポットがあるから行こう」といった、流行りモノに飛びつく人はやめたほうがよいでしょう。こういった人も浮気をする傾向があります。

■「浮気相手」おすすめ記事
妻の浮気で離婚したら財産を半分とられた!?

■「ホンマでっか!?TV」おすすめ記事
足の筋力が弱い島崎和歌子は「要介護」確定
日本人は世界でも有数の引越しをしない民族
夫は小遣い1万で妻は豪遊…離婚裁判の行方は?
口臭予防に効果がある「パタカラ運動」とは
タバコの臭いを服からも髪からも消し去るワザ
乳癌の予防は1日1時間のウォーキングで効果

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事

    関連する記事は見当たりません。