ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

満腹中枢が狂った力士並み女性アイドルの私生活

ダイエットはするものの、リバウンドを繰り返してしまうという女性アイドルの私生活に密着。その生活ぶりに医師は「満腹中枢が狂っている」と指摘しました。満腹中枢が狂った力士並み女性アイドルの私生活を見ていきましょう。『駆け込みドクター!』で紹介されていました。



スポンサーリンク
満腹中枢が狂った力士並み女性アイドルの私生活

1日で食べた食事は4,470kcal

女性アイドルの朝食は午前11時。「カップラーメン1杯」に「肉まん2個」、カロリーはそれぞれ「340kcal」と「520kcal」です。昼食は午後2時、810kcal」の「ハンバーグランチ」を食べています。最後に食べようと思ったサラダは残してしまいました。

なんとこの女性アイドル、この時点で朝食と昼食で「1,670kcal」を摂取。20代女性の1日の摂取カロリーは「1,800kcal」とほぼ同じです。

夕食は午後7時。「梅酒4杯」を飲み干すと、暴走が始まりました。「ゆずサワー1杯」に「焼き鳥」や「手羽先」「黒豚のしゃぶしゃぶ」などを食べています。その後も「チャーハン」「パフェ」など、夕食はなんと「2,800kcal」でした。結局、この日1日で食べた食事は「4,470kcal」です。

満腹中枢を元に戻すなら食事を記録

ちなみに、力士の1日の摂取カロリーが「5,000kcal」といわれています。本人いわく「満腹にあまりならない」とか。「お腹がすいて食べる」というよりは「おいしいものが食べたい」気持ちで、食べているのだそうです。

この日常生活に対して、医師は「満腹中枢が狂っているのでは?」という指摘。常に食べていると、何がお腹いっぱいかがわからなくなって、また食べてしまうという悪循環に…。一度、満腹中枢を元に戻す必要があります。

満腹中枢を元に戻すなら「食事を毎日記録する」ことと「空腹になるまで食べない」ことが有効。ずっとガムをかんでいるのもよいかもしれません。

■「満腹中枢」おすすめ記事
満腹中枢が刺激されやすくなる8時間以上の睡眠

■「アイドル」おすすめ記事
急性膵炎で命の危機に陥った元アイドルの症状

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事