ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

1日1食ダイエットなら1か月でウエスト8.5cm減

漫画家・倉田真由美さんは典型的な熟年太り。そこで「1日1食ダイエット」に挑戦して、スタイル改善を目指します。すると、1が月の1日1食ダイエットでウエスト8.5cm減を達成。血管年齢も7歳も若返ったのです。『ナイナイアンサー』で紹介されていました。



スポンサーリンク
1日1食ダイエットなら1か月でウエスト8.5cm減

太ってしまった理由は深夜の間食

漫画『だめんず・うぉ~か~』が大ヒットして、そのルックスから美人漫画家として有名になった倉田真由美さん。20代のころは40kg台だった体重も現在は63.9kgと激太りしていました。ウエストも86.5cmです。

なぜこんなに太ってしまったのでしょうか? その理由は漫画家としてのある習慣にありました。

執筆作業を始めるのは、家事をすべて終えた深夜0時すぎ。1時間ほど作業を進めると、取り出したのはショートケーキです。倉田さんが太ってしまった理由は、深夜の間食にありました。

1日1食ダイエットで血管が若返った

そんな倉田さんが選んだダイエットは「1日1食ダイエット」。そこに、あまり運動をしないので、肩甲骨くらいなら動かせるかも…と「肩甲骨ダイエット」を加えます。

専門医にいわせると、執筆作業中に甘いものばかり食べるのは「糖質依存症」の恐れがあるとのこと。血管年齢を調べると、なんと「53歳」という結果でした。糖質によって血管がいじめられたためだといいます。

こうして1日1食ダイエットを始めて1か月、体重は60.6kgとマイナス3.3kgを実現。ウエストは78.0cmとマイナス8.5cmとなっています。しかも、血管年齢も46歳に変化。たった1か月で7歳も若返ったのでした。

■「1日1食ダイエット」おすすめ記事
南雲吉則の1日1食ダイエット+アーモンド小魚
1日1食ダイエットは夕飯を食べたら早々に寝る

■「ダイエット」おすすめ記事
「食べる順番ダイエット」意外な盲点とは?
長期的には危険だった!炭水化物ダイエット
睡眠不足と不規則な生活はダイエットの大敵
徹底検証「ダイエット」7つのウソ・ホント
1週間で効果が現れた「朝食抜きダイエット」
はらすまダイエットは体の中も健康にする!
不眠症の原因は「無理なダイエット」にあった
炭水化物抜きダイエットは認知症になりやすい!?

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事