ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

洗濯のりをスプレーすると汚れが落ちやすくなる

衣服に付いた「しみ」はなかなか落ちないもの。そこで活用したいのが「洗濯のりスプレー」。あらかじめ衣服に洗濯のりをスプレーして吹きかけておくと、汚れが驚くほど落ちやすくなるのです。さっそく洗濯のりスプレーの作り方を紹介します。『あさイチ』で取り上げられていました。



スポンサーリンク
洗濯のりをスプレーすると汚れが落ちやすくなる

洗濯のりを洗濯物にスプレーしておく

付いた汚れを落ちやすくする「洗濯のりスプレー」の作り方を紹介しましょう。用意するのは100円ショップで販売されている洗濯のりとスプレーボトルです。

作り方は、洗濯のりをスプレーボトルに入れて水と混ぜるだけ。分量は水500mlに対して、洗濯のり大さじ2杯です。

洗濯のりスプレーを、脱水後の塗れているうちに洗濯物の汚れやすい場所にスプレーしておきます。子ども用エプロンなどにかけておくと効果てきめんです。実際に試してみても、明らかに白さが違っていました。

洗濯のりスプレーがコーティングする

洗濯のりスプレーは、なぜ汚れが落ちやすくなるのでしょう? そもそも落ちにくい汚れというのは、繊維のすき間に汚れが入り込んでしまったもの。普通に洗濯してもなかなか落ちません。

洗濯のりスプレーはこの繊維のすき間をコーティングするようなもの。コーティングの上に汚れがいくら付こうと、洗濯してしまえばコーティングごとはがれるので、汚れが落ちやすいというわけです。

このスプレー、肌に触れる衣類に使ってもOK。もともと洗濯のりの成分は、口に入れても安全なものです。しかも、洗濯のりスプレーは薄めてあるので、安心して使えます。

■「洗濯」おすすめ記事
洗濯のりをスプレーすると汚れが落ちやすくなる

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事

    関連する記事は見当たりません。