ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

中年太りの解消に腹筋運動はまったく効果がない

腹筋運動だけで中年太りは解消できません。中年太りで付くお腹周りの肉は内臓下垂に原因があるからです。中年太りでお肉が付いているように感じるのは、じつは脂肪ではなく、内側の内臓の状態に原因があります。インナーマッスルを鍛えることが中年太り解消への近道なのです。



スポンサーリンク
中年太りの解消に腹筋運動はまったく効果がない

中年太りの原因となる内臓下垂とは

中年太りの原因となる内臓下垂とは、内臓を支えるインナーマッスルの筋力低下により、胃や腸が骨盤まで落ちてしまっている状態のこと。臓器が全体的に下に寄るため、お腹周りが太くなったように感じるわけです。

お腹まわりに肉が付いてしまったように見える中年太りは、じつはお腹の内側が太くなっているということ。これでは、いくら腹筋運動をしても中年太りが解消するわけがないでしょう。

内臓下垂を矯正して中年太り解消に貢献するのが腹筋インナーマッスル。歳を重ねるごとに衰えてしまった腹筋インナーマッスルを鍛え直すことで、下がってしまった内臓群を正しい位置に戻せるのです。

中年太りを解消するインナーマッスル

それでは、中年太りを解消するために腹筋インナーマッスルを鍛えるには、どんなトレーニングをすればよいのでしょう? それはドローインです。トレーニングというよりは呼吸法に近いかもしれません。

ドローインは何度か深呼吸したあとに息を吐き切って、お腹をへこませた状態をキープするもの。へこませた状態をキープすることが、腹筋インナーマッスルを鍛えている状態になります。

慣れないうちは、お腹をへこませた状態をキープするのに息を止めてしまうでしょう。そのうち、お腹をへこませながら自然に呼吸ができるはずです。キープする時間を長くすればするほど、腹筋インナーマッスルが鍛えられます。

■「中年太り」おすすめ記事
中年太りは人間の防衛本能がおこす悪循環が原因
中年太りを解消できる「ひねる」動きとは?
皮下脂肪が原因だった!シニア世代の中年太り

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事