ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

ドローイン効果だけで腹筋が割れることはない

ドローインとはお腹をへこませた状態をキープするエクササイズ。ウエストまわりを細くする効果があることで知られています。しかし、ドローイン効果だけで腹筋が割れることはありません。鍛えられる筋肉の場所や種類も違うだけでなく、燃焼させる脂肪の種類も違っているのでした。



スポンサーリンク
ドローイン効果だけで腹筋が割れることはない

ドローイン効果が現れるのは腹横筋

ドローインは、立った姿勢でも仰向けでもできるエクササイズ。息を吸いながら腹部をいっぱいにふくらませたら、ゆっくり息を吐きながらお腹をへこませます。下腹部全体をグーッと沈ませるイメージです。

そして、お腹のへこませたまま肋骨を上下させて軽く呼吸します。こうして、なるべく長い時間お腹をへこませた状態をキープするエクササイズがドローインです。

ドローイン効果が現れるのは、腹横筋というインナーマッスル。腹横筋は腹部をコルセットのように覆っている深層にある筋肉です。腹横筋の重要な役割の1つに、内臓を正しい位置に保って姿勢を安定させることがあります。

ドローイン効果は腹筋を割る下準備

腹横筋は腹圧を高める機能を受け持っているので、腹圧を上げて息を吐ききるドローインで最大限、鍛えられるというわけ。このドローイン効果によって内臓が正しい位置に戻って、ウエストがシェイプされるのです。

ただし、ドローイン効果だけで腹筋が割れることはありません。鍛えられる筋肉はお腹のインナーマッスル。内臓下垂の補正と内臓脂肪の燃焼には効果はあります。

しかし、腹筋を割るための腹直筋の強化や皮下脂肪の燃焼には効果が期待できません。ドローイン効果は腹筋を割るための下準備のようなもの。腹筋運動や有酸素運動を行う前にドローインを行うなど、腹筋を割るトレーニングに組み込むのが正解です。

■「ドローイン効果」おすすめ記事
ドローイン効果で内臓下垂を解消して痩せる方法
ドローイン効果は食事制限ナシで1日たった2分
腹横筋を鍛えるドローインでスタイルキープする
ドローイン効果で1日たった2分でウエスト5cm減
お腹痩せを即効で実現する30秒ドローインとは?
ドローインの効果はインナーマッスルに現れる

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事