ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

肉はダイエットの敵というのは大間違いだった

肉はダイエットの敵というのは大間違いです。肉をダイエットで食べないとタンパク質不足に陥ります。筋肉が減って基礎代謝が落ちることで、ダイエットしにくい体質になるのです。肉はダイエットの敵ではありません。種類を選ぶ必要はありますが、肉はダイエットに不可欠な食材です。



スポンサーリンク
肉はダイエットの敵というのは大間違いだった

肉はダイエットに不可欠な食材

肉はダイエットに不可欠な食材といっても、種類を選ぶ必要があります。肉を選ぶ基準は、良質なタンパク質が含まれているかがポイント。良質なタンパク質とは「アミノ酸スコア100」のことです。

アミノ酸スコアとは、食品中の必須アミノ酸の含有比率を評価するための数値になります。じつはタンパク質は、約20種類のアミノ酸から構成されるもの。なかでも、必須アミノ酸と呼ばれる9種類のアミノ酸は、体内では作れないため食事から摂取する必要があるのです。

肉をダイエットで欠かさず摂る

そして良質なタンパク質とは、すべての9種類の必須アミノ酸がバランスよく含まれていること。とはいえ、それぞれアミノ酸スコアが100なのに、1種類だけスコアが40しかないと、そ低い数値しか吸収できないのです。

つまり、アミノ酸スコア100というのは、すべてのアミノ酸がバランスよくスコア100含まれていて、体内への吸収率が高いことを意味します。このため、肉をダイエットで摂るときには、アミノ酸スコア100を選ぶのです。

アミノ酸スコア100の食品には、肉でいえば鶏胸肉、鶏ささみ、豚ロース、牛サーロインなど。ほかには、卵やマグロの赤身、ツナなどがあります。これらの肉をダイエットでは欠かさずに摂る必要があるのです。

■「ダイエット」おすすめ記事
「食べる順番ダイエット」意外な盲点とは?
長期的には危険だった!炭水化物ダイエット
睡眠不足と不規則な生活はダイエットの大敵
徹底検証「ダイエット」7つのウソ・ホント
1週間で効果が現れた「朝食抜きダイエット」
はらすまダイエットは体の中も健康にする!
不眠症の原因は「無理なダイエット」にあった
炭水化物抜きダイエットは認知症になりやすい!?

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事