ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

フルーツダイエットはカロリーオーバーに要注意

バナナやリンゴなどのフルーツを食事に置き換えるだけで痩せられるというのがフルーツダイエット。しかし、フルーツには果糖という糖質が含まれていることを忘れてはいけません。フルーツダイエットはカロリーオーバーになりがち。逆に太ってしま可能性あるのです。



スポンサーリンク
フルーツダイエットはカロリーオーバーに要注意

フルーツダイエットは根強い人気

フルーツダイエットにはさまざまな食材を利用したものがありますが、基本はいつもの食事を一食、フルーツに置き換えるというものです。食べることを我慢する必要がないため、楽に続けられると根強い人気があります。

フルーツを食べること自体には何ら問題はありません。フルーツにはビタミンやミネラルが豊富なだけでなく、食物繊維も豊富。血糖値の上昇を抑える働きもあるからです。

その意味で、フルーツを食後のデザートに食べることは理にかなっています。フルーツの食物繊維が小腸の粘膜に張り付くため、糖質の吸収が緩やかにするからです。フルーツのおかげで血糖値が急上昇せず、脂肪として体に蓄える働きをするインスリン分泌を抑えられます。

フルーツダイエットで逆に太る

とはいえ、フルーツダイエットで注意しなければならないのが、果糖という糖質が多く含んでいること。糖質が体に吸収されると、脂肪となって体に蓄えられてしまいます。

1日の総摂取カロリーで見たときに、フルーツダイエットはカロリーオーバーになりがち。これがフルーツダイエットで逆に太ってしまう可能性がある理由です。

食後のフルーツにしても、1日1回だけで十分。リンゴや梨、グレープフルーツなどなら1日1個が適量でしょう。オレンジやミカン、キウイなら2個まで。バナナなら2本までにしておきます。

■「ダイエット」おすすめ記事
「食べる順番ダイエット」意外な盲点とは?
長期的には危険だった!炭水化物ダイエット
睡眠不足と不規則な生活はダイエットの大敵
徹底検証「ダイエット」7つのウソ・ホント
1週間で効果が現れた「朝食抜きダイエット」
はらすまダイエットは体の中も健康にする!
不眠症の原因は「無理なダイエット」にあった
炭水化物抜きダイエットは認知症になりやすい!?

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事

    関連する記事は見当たりません。