ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

鼻づまりツボ「風池(ふうち)」温めた手で押す

鼻づまりはつらいもの。鼻水が出るのはウイルスと自分の体が戦っておこる自然現象とわかってはいても、なんとか解消したいものです。そこで、鼻づまりをスーッと通るようになる便利なツボがあります。それが鼻づまりツボ「風池(ふうち)」。温めた手で押すと効果的です。



スポンサーリンク
鼻づまりツボ「風池(ふうち)」温めた手で押す

鼻づまりツボの基本は親指で押す

風邪やインフルエンザにかかったとき、詰まった鼻がスーッと通る便利な鼻づまりツボがあります。それが「風池(ふうち)」。風池は鼻づまりやくしゃみを改善するのに効果的なツボなのです。

風池があるのは首の後ろあたり。髪の生え際のくぼみに、左右に1か所ずつあります。両手で後頭部を抱えるようにして、親指で髪の生え際にある鼻づまりツボを押すのが基本です。

鼻づまりツボである風池を押すときには、指先をよく温めてから押すと効果的。温まることで、鼻づまりツボへの刺激がより効果的になるのです。

鼻づまりツボは温まった手で押す

まずは両手の爪の生え際を、反対の手の人差し指と親指で3回ずつもんでいきます。両手の5本指すべてに行ったら、次は手の平を温かくなるまでこすり合わせましょう。

あとは温まった手で、鼻づまりツボの風池を押したりもんだりします。基本形で親指で押すのもよし、人差し指や中指で押すのもよし。鼻づまりツボを押す指はどの指でもかまいません。

押す強さは、自分が気持ちよいと感じる程度。押す時間は、3分くらいが目安です。ツボを押しているうちに、鼻づまりがスーッと解消して楽になってくるでしょう。

■「鼻づまり」おすすめ記事
大丈夫?「片側だけの鼻水」はがんの兆候!?
鼻づまり解消は自律神経を10秒刺激するだけ!
蓄膿症=慢性副鼻腔炎!アレルギー性鼻炎も原因になる
鼻茸(はなたけ)が原因の鼻づまりが急増中!
鼻ポリープが原因!いま新型鼻づまりが急増中
歯性上顎洞炎の症状は「片方だけの鼻づまり」
好酸球性副鼻腔炎は鼻水・鼻づまりより臭覚異常
鼻づまりの原因は鼻水をかんでも解消しない件
鼻づまり解消は脇の下にコブシを10秒挟むだけ

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事