ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

ウコン効果は摂取しすぎると肝機能障害で台無し

二日酔い防止に愛飲されているウコンですが、ウコンの効果はお酒から体を守ってくれるだけではありません。じつはウコンには強い抗酸化効果があるのです。すなわちウコンは老化現象からも体を守ってくれます。ただし、ウコン効果は摂取しすぎると肝機能障害で台無しになるので要注意です。



スポンサーリンク
ウコン効果は摂取しすぎると肝機能障害で台無し

ウコン効果の元になるクルクミン

そもそもウコンには胆汁の分泌を促したり、解毒作用を発揮して肝臓の機能を助ける効果があります。このウコン効果を利用してアルコールの分解能力を高めるのが、ウコンを配合した飲料のメカニズムです。

こうしたウコン効果の元になるのが、クルクミンと呼ばれる成分。このクルクミンにはじつは強い抗酸化作用があることがわかっています。

クルクミンは、体内の酸化を促す物質を消去するだけではありません。抗酸化酵素を活性化させる働きもあります。このダブルのパワーで、ウコンには人間の体を酸化から守ってくれる効果があるのです。

ウコン効果が接種しすぎで台無し

じつはウコンには、春ウコン・秋ウコン・紫ウコンの3種類があります。クルクミンがもっとも多く含まれているのは秋ウコン。ちなみに、カレーのスパイスとして知られるターメリックは秋ウコンのことです。

クルクミンの摂取量の目安は、1日あたり体重1kgにつき1mgほど。ただし、過剰に摂取すると肝機能障害をおこすことがあります。目安量が上限と考えて、摂取しすぎには要注意。ウコン効果が台無しになります。

ウコンの抗酸化力にはさまざまな予防効果があります。肝機能障害を改善したり、炎症を抑えたり、免疫細胞を活性化させたりといった具合。動脈硬化の予防や肥満の予防効果も報告されています。

■「肝臓」おすすめ記事
石川ひとみを襲ったB型肝炎は母子感染が原因
C型肝炎の治療は薬だけで8割以上が排除できる
B型肝炎の症状がなくても肝臓がんは発症する
肝臓の位置がわからないから肝臓がんが増加する

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事