ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

カテキン効果で体を老化から守るなら緑茶が一番

カテキンは緑茶に含まれるポリフェノールの一種。苦味や渋みの成分です。緑茶ポリフェノールと呼ばれることもあります。カテキンの効果で注目すべきは抗酸化パワー。日常的に緑茶を飲むようにすれば、カテキンの抗酸化効果で体を老化から守ることができるのです。



スポンサーリンク
カテキン効果で体を老化から守るなら緑茶が一番

カテキン効果で注目すべきは抗酸化

カテキンに抗菌効果や消臭効果があることはよく知られています。緑茶成分としてカテキンが配合されている食器用洗剤がそのよい例。しかし、カテキンでとくに注目すべき効果はその抗酸化パワーなのです。

カテキンはおもに血液中や胃の粘膜に存在して、活性酸素を消し去って体を酸化から守ってくれます。とくに活性酸素のなかでも一番有害なヒドロキシルラジカルに対して、カテキンは大きな効果を発揮するのです。

カテキンの抗酸化効果はビタミンEの20倍とか。また、ビタミンCやビタミンEの抗酸化パワーをアップさせる働きもあるのです。

カテキン効果で体を老化から守る

このほか、カテキンは体内に存在するタンパク質や酵素を活性化。抗酸化作用と活性化との相乗効果で、心臓病や糖尿病、がんなどさまざまな病気に対する予防効果があるのです。

カテキンの抗酸化効果は、ビタミンCやカフェインによって強まることも判明しています。緑茶が体によいとされるのは、カテキン以外にもビタミンCやカフェインが豊富に含まれているからです。

ちなみに、紅茶やウーロン茶などにもカテキンは豊富に含まれています。とはいえ、もっともカテキンの含有量が多いのは緑茶。日常的に緑茶を飲むようにすれば、カテキンの抗酸化効果で体を老化から守ることができるのです。

■「緑茶」おすすめ記事
認知症の予防には乳製品と緑茶!アロマセラピー!!
インフルエンザ予防は緑茶を飲むだけで効果アリ

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事