ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

アスタキサンチン効果は鮭の切り身一切れが目安

アスタキサンチンは、鮭のオレンジ色に含まれる色素成分。天然色素成分であるカロテノイドの中でも高い抗酸化の効果があります。何十キロも川を遡上する鮭のスタミナを支えているのがアスタキサンチンの効果です。アスタキサンチン効果は1日あたり鮭の切り身一切れが目安になります。



スポンサーリンク
アスタキサンチン効果は鮭の切り身一切れが目安

アスタキサンチン効果の動物実験

アスタキサンチン効果を検証した動物実験があります。実験の結果、アスタキサンチンを与えたマウスは、そうでないマウスに比べて運動能力が持続することがわかったのです。

運動のエネルギーはまず筋肉内のグリコーゲンが使われます。グリコーゲンがなくなり始めると、脂肪が使われるというメカニズムです。ここでアスタキサンチンを与えられたマウスは、脂肪の利用率が高まることでグリコーゲンの使用量を抑えていたのです。

このアスタキサンチン効果によって、マウスの運動能力が長続きしたと考えられます。運動時における脂肪の利用率を高めるということは、体脂肪を減量する効果が期待できるということ。アスタキサンチン効果はダイエットに応用できる可能性もあるのです。

アスタキサンチンの効果の目安

アスタキサンチンの効果の目安は1日1~10mgの摂取になります。鮭の切り身一切れに含まれるアスタキサンチンは1mgです。鮭以外にもマス、鯛の皮、エビやカニの殻、鮭や鱒の卵など、赤い色をした魚介類にアスタキサンチンは多く含まれています。

また、アスタキサンチンは加熱しても赤いのが特徴。同じ赤色でも、マグロやカツオは加熱すると白っぽくなるため、その色はアスタキサンチンによるものではないということ。アスタキサンチン効果も期待できません。

アスタキサンチンは、体内で酸化促進物質に電子を与えることで抗酸化作用を発揮します。そのとき自らが酸化すると効果はなくなるもの。しかし、ビタミンCなどの水溶性の抗酸化物質と一緒に摂ることで、再生されるのです。

このため、鮭などのアスタキサンチン効果をアップさせるなら、ビタミンCを含むレモンの絞り汁や大根おろしを添えるとよいでしょう。サプリメントで摂る場合も、ビタミンCと一緒に摂ると効率的です。

■「アスタキサンチン効果」おすすめ記事
アスタキサンチン効果を使い切った鮭は白くなる
アスタキサンチン効果を証明する2つの実験とは

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事