ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

リバウンドしないダイエットの鍵は停滞期の克服

ダイエットで難しいのは体重を減らすことではなく、減った体重をキープしてリバウンドしないこと。リバウンドしないことにこそダイエットの本質があるといえます。そしてリバウンドしないダイエットの鍵は、順調に体重が減って1~2週間でおこる停滞期の克服にあるのです。



スポンサーリンク
リバウンドしないダイエットの鍵は停滞期の克服

リバウンドしないダイエットと停滞期

ダイエットを始めて順調に体重が落ちて1~2週間で、必ず現れるのが停滞期。この停滞期ががもっともリバウンドをおこしやすいタイミングです。停滞期の克服こそがリバウンドしないダイエットの鍵を握ります。

リバウンドしないダイエットのために、2つの停滞期のパターンを理解しておきましょう。1つは、食事制限の停滞期です。摂取カロリーを減らすと不足分を体脂肪の分解で補おうとします。しかし、同時に筋肉を形づくるタンパク質も分解されてエネルギーに動員されるのです。

すると、筋肉量が減ってしまうことで基礎代謝が減少します。基礎代謝が落ちた分だけ消費カロリーが減ってしまうため、食事制限しているだけでは体重が落ちなくなるタイミングが来るのです。

リバウンドしないダイエットの秘訣

リバウンドしないダイエットのために理解すべきもう1つの停滞期の理由は、筋肉量アップによる停滞期になります。消費カロリーを増やそうと筋トレをすると、筋肉量がアップして基礎代謝がアップ。消費カロリーが増えた分だけ空腹感もアップすることになります。

すると、筋肉量が増えたことを理由に間食をとるようになったり、食事量をちょっと増やしてしまいがち。こうして、結果的に増えた消費カロリー以上に、カロリーを摂ってしまうのです。

リバウンドしないダイエットは、この2つの停滞期のメカニズムをしっかり理解することが肝心。そして、停滞期を乗り越えて再び減少期に入るタイミングまで、粘り強くダイエットを継続することがリバウンドしない秘訣です。

■「リバウンド」おすすめ記事
ながらダイエットは食事制限もリバウンドもナシ

■「ダイエット」おすすめ記事
「食べる順番ダイエット」意外な盲点とは?
長期的には危険だった!炭水化物ダイエット
睡眠不足と不規則な生活はダイエットの大敵
徹底検証「ダイエット」7つのウソ・ホント
1週間で効果が現れた「朝食抜きダイエット」
はらすまダイエットは体の中も健康にする!
不眠症の原因は「無理なダイエット」にあった
炭水化物抜きダイエットは認知症になりやすい!?

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事

    関連する記事は見当たりません。