ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

筋トレ食事メニューはトレーニング前と後で違う

筋トレ食事メニューはトレーニング前と後、はたまたトレーニング中で違っています。トレーニングの「前・中・後」で摂るべき栄養が違うため、最適な筋トレ食事メニューを選ばないとせっかくの効果が半減していまいます。筋トレ食事メニューで摂るべき栄養を紹介しましょう。



スポンサーリンク
筋トレ食事メニューはトレーニング前と後で違う

筋トレ後の食事メニューは網焼き肉

筋トレによって傷ついた筋肉を回復させるためには、タンパク質がもっとも必要な栄養素。瞬発系トレーニングで使われる速筋も、持久系トレーニングで使われる遅筋も変わりません。

筋肉はタンパク質からできているため、壊れた筋肉を治すのにもタンパク質が必要ということです。このタンパク質はアミノ酸に分解されて体内に吸収されるもの。栄養の補給は筋トレ後、筋トレ後30分以内が望ましいでしょう。

筋トレ後の食事メニューには脂肪をできるだけ抑えた肉が最適。網焼きにして脂肪を落として食べるのがおすすめです。筋トレ後の食事メニューにステーキをすぐ食べた場合と1時間後に食べた場合とを比べると、すぐ食べたほうが筋肥大に明らかな差があったという実験データもあります。

筋トレ前の食事メニューにご飯やパン

筋トレ中の食事メニューなら、運動のエネルギーとして一番早く利用できる糖質を摂るようにしましょう。エネルギーが切れそうになったら、糖質を補うのがもっとも手っ取り早い方法。口に入れた甘いと感じる食べ物がエネルギーになりやすいのです。

ご飯やパンも糖質ですが、人間は糖の形に分解しないとエネルギーとしては使えません。ご飯やパンは消化・分解されて糖になるまでに2時間ほどかかります。マラソンの最中にご飯やパンを食べても、エネルギーに変わるのはレース後です。

筋トレ前の食事メニューとして、2~3時間前にご飯やパンなどの糖質を摂り、トレーニング中の補給では吸収の早い糖質を摂取します。そして、筋トレが終わったあとは糖質とタンパク質を摂るのが筋トレ食事メニューの基本です。

■「筋トレ食事メニュー」おすすめ記事
筋トレ食事メニューはタンパク質と緑黄色野菜
筋トレの食事メニューで朝食抜きはありえない

■「筋トレ」おすすめ記事
インナーマッスルの鍛え方!自宅の筋トレメニュー
四股踏みは転倒予防に効果的な腸腰筋の筋トレ

■「食事」おすすめ記事
食間に薬を飲むとは食事をした2時間後が目安
薬を食後に服用といっても食事の直後は大間違い
食後寝るとき「右を下」にするのは間違いだった
食後の運動はダイエットにはまったく効果ナシ
食べてすぐ寝ると「肌が荒れる」って知ってた?
内臓脂肪の落とし方は空腹を少し我慢しての食事

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事