ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

腹横筋を鍛えてくびれを作るブックオープニング

ウエストにくびれを作るなら、腹筋運動をしてもあまり意味がありません。腹横筋というインナーマッスルを鍛えるのが効果的です。そして、そんな腹横筋を鍛えるエクササイズが「ブックオープニング」です。『別冊主治医が見つかる診療所』で紹介されていました。



スポンサーリンク
腹横筋を鍛えてくびれを作るブックオープニング

腹横筋がウエストにくびれに重要

腹筋運動で鍛えられるのはおもに腹直筋といわれる筋肉。お腹の前方にタテに走っている、いわゆる腹筋です。このため、ウエストにくびれを作るなら腹筋運動をやっても効果がありません。

ウエストのくびれを作るなら、わき腹付近を攻めることが必要です。わき腹には、外側から外腹斜筋、内腹斜筋、その奥にある腹横筋といった筋肉が層をなしています。

このうち一番奥にある腹横筋こそが、ウエストにくびれを作るために重要なのはこれらのインナーマッスルです。さっそく、腹横筋を鍛えるエクササイズを紹介します。「ブックオープニング」というエクササイズです。

腹横筋を鍛えるエクササイズ

腹横筋を鍛えるエクササイズは、まず壁に沿うように直角の位置に立ちます。そして「前へならえ」のように、両腕を肩の高さくらいの前方に上げたら準備完了です。体の側面は壁につけてしまいます。

この体勢から壁側でないほうの腕を中指から外に回していくのです。腕を肩甲骨の延長線くらいまで回したら、今度は視線を指先に向けて上半身をグッと回します。息を吐きながら本を開くように、上半身を開きます。体の軸はまっすぐのままです。

上半身を開ききったら、今度は息を吸いながら腕を前に戻して終了。ポイントは指先を常に目線で追いつつ、おへそは前に向けたままでキープすることです。毎日、左右3回ずつ行うだけで、腹横筋を鍛えることができます。

■「腹横筋」おすすめ記事
腹横筋が腹筋インナーマッスルで最重要な理由
腹横筋のコルセット効果でウエストを引き締める
腹横筋の鍛え方は仰向けになって首を持ち上げる
腹横筋はスポーツでも重要な役目を果たしている

■「インナーマッスル」おすすめ記事
高齢者もOK!インナーマッスルを強化する体操
認知症が改善!インナーマッスルで脳が活性化
高齢者もイスに座って実践!インナーマッスルの鍛え方
腰痛改善インナーマッスルが脊柱起立筋と腸腰筋
高齢者は体操でインナーマッスルを鍛えるべし
大腰筋を鍛える「歩幅1.5倍」ウォーキング

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事