ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

糖質制限を外食で実践するファミレスオーダー術

糖質制限ダイエットを初めて行うのであれば、1日1食、夕食だけ糖質を抜くというプチ糖質制限食からスタートするのがおすすめ。とはいえ家ならまだしも、糖質制限を外食で行うのはなかなか難しいもの。そこで、糖質制限を外食で実践するためのファミレスオーダー術を紹介しましょう。



スポンサーリンク
糖質制限を外食で実践するファミレスオーダー術

糖質制限を外食で実践するポイント

この糖質制限を外食で実践する方法は『主治医が見つかる診療所』の「名医が実践!楽に簡単にやせる方法」で紹介されていたもの。糖質制限の権威が実際に行っている方法を再現してくれました。

実際にオーダーしたのは「やわらかヒレカツ御膳」のご飯抜き。それと「若鶏の唐揚げ」「ほうれん草ソテー」「海老と小柱のサラダ」を注文していました。ボリュームたっぷりの夕食です。

糖質制限を外食で実践するポイントになるのがご飯の扱い。ご飯には糖質がたっぷり入っているのでNG。定食やセットしかないときは「ご飯抜き」という形で、勇気を持って注文するのがポイントです。

糖質制限を外食でするならソース抜き

今回はプチ糖質制限食なので、ご飯を抜くのは1日1回。1日1回我慢するだけなら、それほどつらくはないでしょう。朝と昼は普通に食べてかまいません。

糖質制限を外食で実践するポイントはまだあります。ヒレカツを食べるときにはソースは付けません。一般的なとんかつソースは大さじ1杯で糖質は5g。角砂糖に換算すると、およそ1.3個もあるのです。糖質制限を外食で実践するなら、揚げ物はソースを使わず、レモンや塩で食べるのようにしましょう。

続いて行うのは、ヒレカツの衣はがし。揚げ物の衣には、小麦粉やパン粉など糖質が多く含まれます。1個は丸ごと食べましたが、2個目からは糖質を減らすためにはがすのです。糖質制限を外食で実践するなら、揚げ物の衣は半分はがして残り半分で食感を楽しみましょう。

■「糖質制限で外食」おすすめ記事
糖質制限を外食でも成功させたモノマネ芸人
糖質制限の外食なら白米よりチャーハンを選ぶ
糖質制限は外食でも成功する…その一部始終

■「糖質制限」おすすめ記事
糖尿病の治療「糖質制限」は肉も魚も脂もOK!
ハイボールダイエットは糖質制限の原理で痩せる
糖質制限食vs.カロリー制限食…どっちが正論?
糖質制限ダイエットは肉も魚も脂も食べてOK
糖質制限食3パターンはプチから始めるのが基本
糖質制限ダイエットの女性の成功率は50%以下

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事