ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

ダイエットウォーキングでインナーマッスル強化

ベントニーウォークは簡単にいえば中腰で歩くだけですが、背筋を伸ばすのがポイント。全身のインナーマッスルを強化するダイエットウォーキングになります。ジョギングの合間にこのダイエットウォーキングをやると効果的です。『別冊主治医が見つかる診療所』で紹介されていました。



スポンサーリンク
ダイエットウォーキングでインナーマッスル強化

ダイエットウォーキングのおすすめ

ダイエットウォーキングでおすすめの「ベントニーウォーク」を紹介しましょう。お腹やお尻、太ももなど全身のインナーマッスルを強化することでダイエットできるウォーキング方法です。

筋肉の種類は大きく2つ。1つは、筋トレなどで鍛えられるアウターマッスル。力こぶや割れた腹筋などです。もう1つがインナーマッスル。体の奥にあるため、外から触ることができない筋肉になります。

体を動かすアウターマッスルとは違い、インナーマッスルは体幹を整えたり、血液循環を促したり、体温維持に関わる筋肉です。インナーマッスルこそ、ダイエットに大切な基礎代謝を上げるために重要な筋肉なのです。

ダイエットウォーキングは中腰で歩く

ベントニーウォークによるダイエットウォーキングの方法は、簡単にいえば中腰で歩くだけ。ひざをよく曲げて腰を落とした低い姿勢で歩きます。ポイントは背筋を垂直に伸ばすこと。腰の位置を変えないように歩くのがコツです。

このダイエットウォーキングは、お腹やお尻、太もものインナーマッスルが鍛えられるだけではありません。姿勢をしっかりキープするための、背骨周辺のインナーマッスルも鍛えられます。いわばインナーマッスルの全身運動とも呼ぶべきウォーキング法です。

このダイエットウォーキングは、ウォーキングやジョギングの合間に入れると効果的。有酸素運動を途切れさせることなく、足腰の筋トレをすることになります。中腰がきつければ、少し腰を落とすだけでもOKです。

■「ダイエット」おすすめ記事
「食べる順番ダイエット」意外な盲点とは?
長期的には危険だった!炭水化物ダイエット
はらすまダイエットは体の中も健康にする!
炭水化物抜きダイエットは認知症になりやすい!?

■「ウォーキング」おすすめ記事
ウォーキング効果でインナーマッスルを強化
1日5分「仙腸関節ウォーキング」で腰痛予防
大腰筋を鍛える「歩幅1.5倍」ウォーキング

■「インナーマッスル」おすすめ記事
高齢者もOK!インナーマッスルを強化する体操
認知症が改善!インナーマッスルで脳が活性化
高齢者もイスに座って実践!インナーマッスルの鍛え方

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事