ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

水太りは勘違い!水を飲むだけで太ることはない

水を飲んでも太るという「水太り」は単なる勘違いです。人間は水を飲むだけで太ることはありません。水分代謝の滞りによって体重が増えて、それを水太りと勘違いしているのです。それは肥満ではなく「むくみ」。とくに加工食品やコンビニ弁当ばかり食べている人に見られる現象です。



スポンサーリンク
水太りは勘違い!水を飲むだけで太ることはない

水太りは単なる勘違い

水を飲んでいるだけで太る「水太り」という言葉を聞いたことがあるでしょう。しかし、水太りは単なる勘違いです。

ダイエットで食事制限をしたとしても、すぐに体重は減りません。便秘気味の場合、むしろ1~2kg増えることさえあります。水太りは、こうした現象が元になった勘違い。水しか飲まないようなダイエットで、一時的に体重が増えたことからくる勘違いが大半です。

清涼飲料水やスポーツドリンクを水と解釈して、飲みすぎてしまう水太りのパターンもあります。真水ならカロリーゼロですが、清涼飲料水やスポーツドリンクには、糖分やカロリーがしっかり含まれていますから太って当然です。

水太りは塩分の過剰摂取

水太りには、水分代謝が滞って体重が増えたことを勘違いするパターンもあります。これは肥満ではなく「むくみ」。こうした水太りは、塩分の過剰摂取が原因であることがほとんどです。

塩分は人間が生きていくうえで必須のミネラル。大量に発汗しない限りは体外に放出されません。体液の塩分量は厳密にコントロールされているため、塩分を摂りすぎるとそのぶん体が水分を取り込んでしまうのです。

塩分過多になりがちなのが加工食品やコンビニ弁当、外食などの食事ばかりしている人。知らず知らずのうちに塩分を過剰摂取しています。こういった人にこそ、水太りの勘違いが発生しやすいといえるでしょう。

■「水太り」おすすめ記事
水太りする原因は腸内細菌が肥満型だから!?

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事