ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

大腰筋トレーニングには「能」のすり足が効果的

大腰筋は背骨と足の付け根をつなぐ、太くて長いインナーマッスル。深層にあるがゆえに大腰筋トレーニングは非常に難しいものです。そんな大腰筋トレーニングには、じつは能の所作が手本になります。とくに能のすり足は、効果的な大腰筋トレーニングになるのです。



スポンサーリンク
大腰筋トレーニングには「能」のすり足が効果的

大腰筋トレーニングはとても難しい

大腰筋は、足を上げたり姿勢を保ったりするときに大切なインナーマッスルです。とくに足を上げるときには、その動きの中心となります。

とはいえ、ふだんの生活で大腰筋はほとんど使われていないのが実状。私たちが足を上げたり歩いたりするときには、表層の足の筋肉を使っていることが多いからです。

しかもインナーマッスルである大腰筋は、体の深部にあるためなかなか意識できません。使われていないうえに意識しづらいからこそ、大腰筋トレーニングはとても難しいものなのです。

大腰筋トレーニングに能のすり足

そんな大腰筋トレーニングのお手本ともいえるのが能の所作です。とくに能のすり足が効果的は効果的な大腰筋トレーニングになります。

足全体をブラブラと振るつもりで軽くももを上げてみてください。このとき、かかとを床に付けたままにしておくと、自然と足が前に出るでしょう。これが能のすり足です。

大腰筋の働きは足を上げることですが、実際に大腰筋が働くのは足を上げる最初の小さな動きだけ。能のすり足は、一足の長さほどの一歩が基本ですから、大腰筋でまかなえるほどの動きしかしません。だからこそ、大腰筋トレーニングに能のすり足が効果的なのです。

■「大腰筋トレーニング」おすすめ記事
大腰筋を鍛える「歩幅1.5倍」ウォーキング
大腰筋トレーニングはイスに座ってできる!
大腰筋トレーニングは階段飛ばしが効果的!

■「腸腰筋」おすすめ記事
腰痛改善インナーマッスルが脊柱起立筋と腸腰筋
腸腰筋の鍛え方!それはソファをやめること

■「インナーマッスル」おすすめ記事
高齢者もOK!インナーマッスルを強化する体操
認知症が改善!インナーマッスルで脳が活性化
高齢者もイスに座って実践!インナーマッスルの鍛え方
フラダンスで15kg減!インナーマッスル効果
腰痛改善インナーマッスルが脊柱起立筋と腸腰筋

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事