ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

体組成計で測る体脂肪率がダイエットでは最重要

ダイエットでもメタボ対策でも、落とすべきは体重ではなく体脂肪です。そのために必要なのは、体重計ではなく体組成計になります。体組成計がなければ、筋肉が落ちたのが体脂肪が落ちたのかがわかりません。体組成計なしには、健康的で正しいダイエットは成り立たないのです。



スポンサーリンク
体組成計で測る体脂肪率がダイエットでは最重要

体組成計で健康的なダイエット

人間の体にとって大切なのは体重ではなく体組成です。体組成とは、その人の体の骨、筋肉、脂肪などの割合を示すもの。それが計測できるのが体組成計です。

そして、健康的で正しいダイエットではまず、体重ではなく体脂肪を調整しなければなりません。たとえ体重が減ったとしても、筋肉が落ちて体脂肪がそのままでは健康的な痩せ方とはいえません。体組成計がなければ、健康的なダイエットは成り立たないのです。

肥満という言葉も、本来は体重ではなく体脂肪率のほうが重要です。一般的には男性なら体脂肪率が25%以上、女性は30%以上になると肥満と考えられます。つまり、体重だけでは肥満かどうかわからないということ。肥満かどうかの判別には体組成計が必要です。

体組成計がメタボ対策には必要

あるスポーツに適正な体脂肪率が10%だとして、この体脂肪率を維持しながらトレーニングを重ねれば体重は増えるのが普通。トレーニングによって骨が太くなり、筋肉が多くなり、血液も濃く多くなるからです。

また、体重が軽いことは健康度や運動能力に関係はありません。モデルがいかに痩せていて美しく見えても、健康とは限りませんし、スポーツする能力もおそらく低いでしょう。だからこそ、体重計より体組成計が重要なのです。

メタボリックシンドローム対策でも、大切なのは体重ではなく体脂肪。なかでも余分な内臓脂肪を落とすことが重要になります。メタボだからといって、ただ痩せればよいという話ではありません。メタボ対策にも体組成計が必要です。

■「ダイエット」おすすめ記事
「食べる順番ダイエット」意外な盲点とは?
長期的には危険だった!炭水化物ダイエット
睡眠不足と不規則な生活はダイエットの大敵
徹底検証「ダイエット」7つのウソ・ホント
1週間で効果が現れた「朝食抜きダイエット」
はらすまダイエットは体の中も健康にする!
不眠症の原因は「無理なダイエット」にあった
炭水化物抜きダイエットは認知症になりやすい!?

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事

    関連する記事は見当たりません。