ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

スポーツドリンクは「果糖ぶどう糖液糖」に注意

スポーツドリンクを運動中の栄養補給に飲む人は多いでしょう。しかし、スポーツドリンクによっては効率よくエネルギーを補給できないものがあるのです。運動中の栄養補給ならスポーツドリンクは「果糖ぶどう糖液糖」と書かれたものを選んではいけません。詳しく見ていきましょう。



スポンサーリンク
スポーツドリンクは「果糖ぶどう糖液糖」に注意

スポーツドリンクで運動中に栄養補給

血糖値とは血液内のブドウ糖濃度のこと。このブドウ糖こそが体を動かすためのエネルギー源です。ご飯やパンなどの炭水化物も、消化・分解されたのちにブドウ糖に変化。血糖になって体のエネルギーとして供給されます。

ただし、炭水化物が消化・分解されてブドウ糖に変わるにはに2~3時間かかるもの。そこで、運動中の栄養補給に最適なのが、スポーツドリンクによるブドウ糖の摂取です。スポーツドリンクに含まれているのはブドウ糖そのもの。すぐに吸収されてエネルギーとして利用できるのです。

ただし、スポーツドリンクに含まれる糖類にはブドウ糖のほか果糖があります。果糖は甘味料として利用される甘味がとても強い糖類。そして、果糖は体内で少量のブドウ糖にしか変換されません。果糖を吸収しても血糖値はあまり上がらないのです。

スポーツドリンクはぶどう糖果糖液糖

そこで、スポーツドリンクに含まれているブドウ糖と果糖の量を調べる方法を紹介しましょう。じつはスポーツドリンクのブドウ糖と果糖の量は、原材料名を見ればわかるのです。

原材料名の表示が「ぶどう糖果糖液糖」なら果糖が50%未満ということ。「果糖ぶどう糖液糖」なら果糖50%以上90%未満になります。「高果糖液糖」なら読んで字のごとく、果糖が90%以上ということです。

似たような名称が並んでしまって少しわかりにくいですが、果糖という文字がどこに入っているかに注目すればよくわかります。果糖の割合が多いと、名称の一番最初に果糖が付くのです。

スポーツドリンクで運動中に栄養補給するなら、すぐにエネルギーになるブドウ糖の割合が高い製品が最適。果糖が多い「果糖ぶどう糖液糖」や「高果糖液糖」は選んではいけません。

■「スポーツ」おすすめ記事
スポーツ選手の心臓は一般人の2倍も大きい
スポーツ心臓になると安静時の心拍数が激減

■「果糖」おすすめ記事
「果糖」が尿酸値が下がらない原因 – ためしてガッテン
尿酸値を下げるならプリン体オフより果糖控えめ

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事

    関連する記事は見当たりません。