ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

希少糖D-プシコースとは食べて痩せられる糖

希少糖とは自然界に微量しか存在しない糖。糖はダイエットする人にとって最大の敵ですが、希少糖は食べれば痩せるのが特徴です。体内でエネルギーとして使われるブドウ糖の流通量を減らすことで、代わりに脂肪の燃焼を促進。希少糖はお腹いっぱい食べてもダイエットできるのです。



スポンサーリンク
希少糖D-プシコースとは食べて痩せられる糖

希少糖とは微量しか存在しない糖

そもそも希少糖とは何でしょう? 自然界にはいろいろな種類の糖があります。そのなかでも微量しか存在しない糖が希少糖です。希少糖のなかでもD-プシコースに肥満解消効果があります。

通常、ご飯や芋に含まれるでんぷんは消化器官でブドウ糖に分解されて体に吸収されます。ところが、希少糖であるD-プシコースは、でんぷんがブドウ糖に分解されるのを阻止してブドウ糖を減らすだけでなく、さらに腸でのブドウ糖の吸収をブロック。加えて、吸収したブドウ糖を肝臓に取り込みます。

こうして体内でエネルギーとして使われるブドウ糖の流通量が減ることで、代わりに脂肪が燃焼。結果的に、希少糖はお腹いっぱい食べてもダイエットできるのです。

希少糖入りのシロップを活用する

希少糖のD-プシコースとは、果糖を加熱するとできるもの。このため、ジャムやメープルシロップ、ミートソースやケチャップなど、身の回りのさまざまな食品に含まれています。ただし、この希少糖による肥満解消効果を得るには1日2gは必要。食品に含まれている量では圧倒的に足らないのです。

そこで、活用したいのが希少糖入りのシロップ。「レアシュガースウィート」は500gが1,260円で、D-プシコースが20gも含まれています。これを普通の砂糖と同じように使うだけです。

希少糖のD-プシコースの甘さは砂糖の70%ほど。しっかり甘さが感じられるので、飲み物に入れて使うのが基本。食前や食事中に摂ると効果的なので、ヨーグルトやコーヒーに入れて摂取しましょう。

■「糖」おすすめ記事
枝豆のゆで方は砂糖を加えるのが美味しさの秘訣
マシュマロヨーグルトは危険すぎる糖質量だった
上白糖が固まる原因は湿気ではなく乾燥だった
尿酸値を下げるならプリン体オフより果糖控えめ

■「糖質」おすすめ記事
糖尿病の治療「糖質制限」は肉も魚も脂もOK!
ハイボールダイエットは糖質制限の原理で痩せる
糖質制限食vs.カロリー制限食…どっちが正論?
糖質制限ダイエットは肉も魚も脂も食べてOK
糖質制限食3パターンはプチから始めるのが基本
糖質制限ダイエットの女性の成功率は50%以下

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事

    関連する記事は見当たりません。