ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

ストレートネックをストレッチする三角枕を作る

スマホの使いすぎでストレートネックに悩む人は多いはず。そんなときはダンボールで作れる三角枕でストレートネックをストレッチしましょう。三角枕で仰向けになるだけで、頚椎の正しい湾曲を取り戻せます。ストレートネックをストレッチする三角枕の作り方を紹介しましょう。



スポンサーリンク
ストレートネックをストレッチする三角枕を作る

ストレートネックで頚椎がまっすぐに

7個の頚椎、12個の胸椎、5個の腰椎、そして仙骨と尾骨からいるのが背骨。そして、背骨はまっすぐに伸びているのではなく、S字を描いています。横から見ると頚椎のところが前に反り、胸椎のところが後ろに丸まっています。腰椎のところで再び前に反って、仙骨と尾骨のところで丸まっている形です。

背骨がこのような形になったのは、重い頭を支えて二足歩行をするため。とはいえ、背骨は生まれたときからS字を描いているわけではありません。胎児のときは背骨全体が丸まった状態です。それが首が座るころから頚椎が反りはじめ、10代で背骨のS字が完成します。

そして、この背骨で近年目立っているのが、本来は前に反っているべき頚椎がまっすぐになってしまう「ストレートネック」。スマホを毎日長時間使うことで姿勢の悪い人が増えていることが原因といわれています。

ストレートネックを解消する三角枕

頭の重みを受け止め支えるには、頚椎の湾曲は欠かせないもの。これがまっすぐに伸びてしまうストレートネックは、周囲の筋肉や神経に影響を与えるため肩こりや手のしびれ、頭痛やめまいなどを引き起こします。

このストレートネックをストレッチして解消するのに役立つのが「三角枕」です。ダンボールで簡単に作れるので、ほとんどお金がかかりません。

三角枕は、横から見ると1辺が10cmの正三角形。幅は20cmあれば十分でしょう。タテに35cm、ヨコに20cmのダンボールを用意。下から10cmごとに折り曲げていって、余った5cm部分にガムテープを貼って固定すれば完成です。切れ込みを入れるときれいに折りやすいでしょう。


スポンサーリンク

三角枕でストレートネックストレッチ

ストレートネックをストレッチする三角枕の使い方は、床や布団の上に置いて仰向けになるだけ。髪の生え際に三角形の頂点が当たるようにします。首の力を抜いて、5~10分ほど横になってストレッチするのです。

ストレートネックのストレッチの注意点は、三角枕の上に折りたたんだタオルなどを必ず置くこと。三角枕全体をタオルで巻いてしまってもよいでしょう。実際に寝てみると、ストレッチされて気持ちがいいものです。

ストレートネックがストレッチで解消する理由は、頚椎を正しい湾曲に治す助けになるため。頚椎が正しい湾曲を取り戻せさえすれば、ストレートネックによる手のしびれや肩こり、頭痛やめまいが改善されるのです。

■「ストレートネック」おすすめ記事
ストレートネックをストレッチで改善する方法
腰痛を予防するスマートフォンの使い方とは
ストレートネックをタオル枕で改善する方法

■「ストレッチ」おすすめ記事
五十肩を防ぐ!猫ストレッチ&ペンギン体操
腰の痛みは「お尻」で治る!金メダリスト実践のストレッチ法
仙腸関節ストレッチでオフィスで腰痛を改善
ストレートネックをストレッチで改善する方法
大腰筋ストレッチでインナーマッスルが復活
膝の痛みが改善!イスに座って簡単ストレッチ

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事