ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

糖質制限の外食なら白米よりチャーハンを選ぶ

糖質制限ダイエットは、お米などの主食を制限することで知られるダイエット法です。とはいえ、外食をお米を控えるのは難しいもの。そこで糖質を摂取しても、血糖値をあまり上げなくて済む方法を紹介しましょう。糖質制限の外食なら白米よりもチャーハンがオススメなのです。



スポンサーリンク
糖質制限の外食なら白米よりチャーハンを選ぶ

糖質制限は外食だと難しいもの

糖質制限ダイエットは糖質さえ控えていれば、肉も魚も脂もどれだけたくさん食べてもよいというもの。糖質といってもケーキやチョコだけではありません。お米やパン、パスタなどの主食は、ほとんどが糖質です。

しかし、米を主食として生きた日本人がいきなり糖質をたつのは難しいもの。外食といえばなおさらです。そこで糖質を摂取しても、血糖値をあまり上げない方法があります。それはオイルコーティング。糖質を油とタンパク質で包んでしまうのです。

普通の白いご飯とチャーハンを比較したとき、血糖値が上がりにくいのはチャーハンのほう。実際に実験してみると、チャーハンは白米の半分以下に血糖値の上昇を抑えることができます。

糖質制限の外食はバターライス

これはチャーハンのご飯が、オイルと卵でコーティングされているため。糖質は脂肪やタンパク質でくるまれていると、腸の吸収が緩やかになるのです。そのため、食後の急激な血糖値の上昇を抑制。インスリンの分泌が抑えられるため、余計な糖分が体に蓄えられなくなるわけです。

糖質のコーティング効果はバターライスやピラフでも同じ。たとえばカレーを食べるなら、本格的なカレー店で出されるようにバターライスにかけたほうがダイエットに効効きます。

同じように、パンを食べる場合はたっぷりとバターやオリーブオイルをつけると効果的。血糖値の上昇を抑えることでダイエットできるのです。この糖質制限ダイエットのやり方なら、外食でもスマートにできるでしょう。

■「糖質制限で外食」おすすめ記事
糖質制限を外食でも成功させたモノマネ芸人
糖質制限を外食で実践するファミレスオーダー術
糖質制限は外食でも成功する…その一部始終

■「糖質制限」おすすめ記事
糖尿病の治療「糖質制限」は肉も魚も脂もOK!
ハイボールダイエットは糖質制限の原理で痩せる
糖質制限食vs.カロリー制限食…どっちが正論?
糖質制限ダイエットは肉も魚も脂も食べてOK
糖質制限食3パターンはプチから始めるのが基本
糖質制限ダイエットの女性の成功率は50%以下

■「チャーハン」おすすめ記事
チャーハンのカロリーを油を使わずに半分にする

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事