ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

バランスボールで腹筋を鍛えてダイエットする

バランスボールで腹筋を鍛えてダイエットするための、1日15分のエクササイズを紹介します。バランスボールに乗って有酸素運動を行なうだけでなく、筋トレのエクササイズも行います。自然と腹筋が鍛えられ、脂肪を燃焼しやすい体になるのがバランスボールダイエットの魅力です。



スポンサーリンク
バランスボールで腹筋を鍛えてダイエットする

バランスボールで腹筋を鍛える

バランスボールで腹筋を鍛えてダイエットするエクササイズは、5種目の有酸素運動に加えて、3種目の筋トレエクササイズを行います。時間にして15分のエクササイズです。11月3日放送『お試しかっ!』で紹介されていました。

1種目めはバランスボールを使った基本的な運動である「ステップタッチ」です。バランスボールに座って軽く弾みながら、足を大きく開いたり閉じたりします。手は腰に当てて行いましょう。

2種目めは、これに手の動きをつける「ステップタッチ応用編1」です。両手を同時に正拳突きするように、前後させる動きを付けます。3種目めの「ステップタッチ応用編2」は、引いた両手を斜め上45度に上げる動きです。

バランスボールで自然と腹筋強化

4種目めは足を交互にV字に開く「Vステップ」。右足を開くと同時に右手を後頭部に持って行き、次に左足を開くと同時に左手を後頭部へ。次は右足を閉じると同時に手を腰に戻して、左足を戻すと同時に左手を腰に戻します。

5種目めの「ジャンプ」は両足を揃えて弾みながら、正面に向けた手の平を前後に突いて引く動きをするもの。常に弾む動作をしながら脂肪を燃やす、5種類の有酸素運動です。

有酸素運動の動きの中で常にバランスをとることで、自然と腹筋が強化されるのがバランスボールダイエットの魅力。足の動きは太ももの内側を刺激して、脂肪を燃焼しやすい体にしていきます。


スポンサーリンク

バランスボール上で腹筋運動

ラスト6分は、とくに腹筋を鍛える3種目の筋トレエクササイズです。6種目めの弾みながら行う「骨盤コントロール」は、跳ね上がった瞬間に腰を動かすもの。跳ねたら右、跳ねたら左という感じで交互に行います。

7種目めは、仰向けになってひざ下にバランスボールを入れて行う「コアトレーニング」。腰と足を浮かせてキープして、腹筋のインナーマッスルを強化します。余裕のある人は、片足をまっすぐ上げると効果的です。

8種目めの「バランスボール腹筋」は、仰向けでバランスボールに寄りかかった状態から、お尻と背中のあいだくらいでバランスボール上で姿勢をキープ。ここで10回4セットの腹筋運動を行います。

■「バランスボールで腹筋」おすすめ記事
バランスボールで腹筋を鍛えるにはコツがあった
バランスボールで腹筋を鍛えるための基礎知識
バランスボールで腹筋を本気で鍛える方法とは?
バランスボールは腹筋だけでなく脳ミソも鍛える

■「腹筋」おすすめ記事
インナーマッスル腹筋を鍛えて痩せる3ステップ
呼吸法だけで腹筋インナーマッスルを鍛える方法
女性の腹筋はインナーマッスルを鍛えるべし

■「インナーマッスル」おすすめ記事
高齢者もOK!インナーマッスルを強化する体操
認知症が改善!インナーマッスルで脳が活性化
インナーマッスルの鍛え方は日常のちょい足し

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事