ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

ドローイン効果は食事制限ナシで1日たった2分

ドローインダイエットの効果は食事制限ナシで1日たった2分で現れます。ドローインとは腹筋をへこませた状態をキープすること。それを1日2分やるだけです。さっそく、ダイエット効果の高いドローインの具体的な方法を見ていきましょう。『お試しかっ!』で紹介されていました。



スポンサーリンク
ドローイン効果は食事制限ナシで1日たった2分

ドローイン効果は1日2分だけ

ドローインダイエットは効果抜群の大注目のダイエットメソッド。ドローインの効果とは、お腹をへこませるだけで腹筋をへこませた状態に形状記憶させることにあります。食事制限はいっさいナシ。さらに驚くべきは、ドローイン効果は1日2分だけで十分なのです。

さっそく効果的なドローインのやり方を見ていきましょう。ドローインの基本は、背筋を伸ばして肩を開いてお腹をできるだけへこませます。息を止めずにいつもの呼吸をしながら、お腹をへこませたまま30秒キープするのです。

初心者の人は「壁押しドローイン」をやるとよいでしょう。壁に背中をつけて立つことで、正しい姿勢をキープ。お腹をへこませながらひじで壁を押すことで、背中の筋肉も鍛えられる一石二鳥の効果的なドローインです。

ドローイン効果を高める方法

ドローイン効果をアップさせるなら、目いっぱいお腹をへこませた状態でウエストをひもで縛るのがおすすめ。こうすることで、お腹をへこませた状態をキープしやすくなってドローイン効果が高まります。

ドローイン効果は、30秒のお腹へこませを朝に2回、夜に2回行うだけ。ドローインする時間は1日合計でたったの2分で十分というわけです。さらに、家事の合間や通勤中、仕事中にドローインのクセをつければ、さらに効果が期待できます。

さらにドローイン効果を高める方法が「肘立てドローイン」です。うつ伏せで肘とひざで体を支えた状態でお腹をへこませて、30秒キープします。お腹に重力がかかるため、負荷が増大するとともにドローイン効果もアップするのです。

■「ドローイン効果」おすすめ記事
ドローイン効果で内臓下垂を解消して痩せる方法

■「食事制限」おすすめ記事
ダイエットの食事制限はカロリーより時間が大事
計るだけダイエットが食事制限なしでOKな理由
ながらダイエットは食事制限もリバウンドもナシ

■「食事」おすすめ記事
インフルエンザは食事を控えるのが正解だった
糖尿病の食事メニューは「肉・卵・チーズ」
セロトニンを食事で増やす3つの栄養素とは
痛風を食事で治すにはプリン体だけでは不十分

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事