ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

8時間ダイエットの効果は食べない16時間にある

8時間ダイエットは、1日8時間の間ならいつ何をどれだけ食べてもOKという夢のようなダイエット法。それでも痩せられる8時間ダイエットの効果は、じつは食べない16時間にあります。8時間ダイエットの効果は、ゆる断食と同じなのです。『駆け込みドクター!』で紹介されていました。



スポンサーリンク
8時間ダイエットの効果は食べない16時間にある

8時間ダイエットの効果の秘密

8時間ダイエットは1日8時間以内なら、いつ何をどれだけ食べてもOKです。たとえば朝8時に朝食を食べたら、夕方4時までに3食を食べ終えます。11時に朝食を食べたら、夜7時までに3食を終了させるのです。

このように、8時間ダイエットは8時間以内に食事を済ませるだけのダイエット。仕事が忙しくて運動なんてできない…そんな現代人のスタイルに合ったダイエット法といえるでしょう。

アメリカで生まれた8時間ダイエットは、食べる量は気にする必要はありません。逆に、残りの時間帯は何も食べてはいけません。ここに8時間ダイエットの効果の秘密があります。

8時間ダイエットの効果はゆる断食

じつは8時間ダイエット、アメリカの国立衛生研究所や生物医学界の世界最先端であるソーク研究所の実験を元に編み出されたものです。8時間ダイエットの効果の秘密は、食事をしない16時間にあります。

食事をしない時間帯は空腹状態になるため、血液中のブドウ糖や血糖が減って脂肪が燃焼しやすいという効果があるのです。食べない時間に脂肪を消費できるぶん、8時間は好きなだけ食べてもよいというのが8時間ダイエットの効果だったのです。

いわば8時間ダイエットの効果はゆる断食と同じ。16時間、何も食べないことに効果のポイントがあります。実際、8時間は何を食べてもよいといわれても、そんなに食べられるものではありません。


スポンサーリンク

8時間ダイエットの効果は朝食抜き

8時間ダイエットの効果は、朝食抜きダイエットと同じともいえます。朝食抜きダイエットは文字どおり、朝ごはんを抜くだけのダイエット方法。朝食を抜くということは、その日の食事は12時ごろの昼食で始まります。

朝食抜きダイエットで夕食を夜8時までに食べれば、8時間ダイエットの効果が実現できるということ。昼食の時間が遅い人ならばそのぶん夕食も遅めにずれて、8時間ダイエットの効果は維持されます。

実際、朝食抜きダイエットも昼食前の空腹感が一番きついところ。そして、その空腹時にこそ内臓脂肪が燃えるチャンスとされています。空腹状態で脂肪を燃焼しやすくさせる8時間ダイエットの効果と変わらないのでした。

■「8時間」おすすめ記事
8時間以上の空腹が「便秘」を解消する秘訣

■「ダイエット」おすすめ記事
「食べる順番ダイエット」意外な盲点とは?
長期的には危険だった!炭水化物ダイエット
睡眠不足と不規則な生活はダイエットの大敵
徹底検証「ダイエット」7つのウソ・ホント
1週間で効果が現れた「朝食抜きダイエット」
はらすまダイエットは体の中も健康にする!
不眠症の原因は「無理なダイエット」にあった
炭水化物抜きダイエットは認知症になりやすい!?

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事