ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

食後の運動はダイエットにはまったく効果ナシ

ダイエットのための運動は、食後と食前のどちらが正解でしょう? じつは食後の運動はダイエットにはまったく効果ありません。ダイエットには食後よりも食前に運動するのが正解です。詳しく見ていきましょう。『駆け込みドクター!』で紹介されていました。



スポンサーリンク
食後の運動はダイエットにはまったく効果ナシ

食後の運動にダイエット効果はない

ダイエットするなら食後の運動ではなく食前に運動するのが正しい選択。理由は、食事の前に運動したほうが食後の運動よりも脂肪が燃焼するからです。

運動するときに使われるエネルギーは通常は血糖になります。食事をしたあとは血糖値が上がるため、食べたエネルギーがそのまま消費するということです。このように食後の運動にはダイエット効果はありません。

一方で空腹時は血糖が少ないため、予備のエネルギーである脂肪が使われます。このため食事の前は、脂肪をエネルギーとして使いやすいのです。つまり、食事の前に運動したほうが痩せやすくなります。

ダイエットには夕食前の夕方の運動

とはいえ、食事の前に何も食べないで運動するというのは、なんとなく体に悪い気がしかし。しかし、人間の体には蓄えがあるので心配は必要ナシ。むしろその蓄えを減らすことがダイエットになるのです。

運動は食前がよいといっても、時間帯も考慮する必要があります。たとえば朝起きてすぐ運動するのは考えもの。朝起きたときは水分が少ないため脱水症状になりやすいのです。場合によっては血管が詰まることもあります。

ダイエットには、夕食前の夕方の運動がおすすめです。というのも、人間の体温が1日のなかで一番高いのは夕方。交感神経が働いて、運動にはもってこいの状態だからです。脂肪燃焼効果もアップします。

■「食後」おすすめ記事
食後寝るとき「右を下」にするのは間違いだった
食べてすぐ寝ると「肌が荒れる」って知ってた?

■「ダイエット」おすすめ記事
「食べる順番ダイエット」意外な盲点とは?
長期的には危険だった!炭水化物ダイエット
睡眠不足と不規則な生活はダイエットの大敵
徹底検証「ダイエット」7つのウソ・ホント
1週間で効果が現れた「朝食抜きダイエット」
はらすまダイエットは体の中も健康にする!
不眠症の原因は「無理なダイエット」にあった
炭水化物抜きダイエットは認知症になりやすい!?

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事