ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

スロージョギングは遅筋だけ使うので疲れ知らず

ダイエットといえばジョギング。とはいえ急に走るのはハードルが高いものです。かといってウォーキングではダイエット効果が心配。そんな人なら「スロージョギング」がピッタリ。スロージョギングはゆっくり走るだけでウォーキングの1.6倍ものダイエット効果があるのです。



スポンサーリンク
スロージョギングは遅筋だけ使うので疲れ知らず

スロージョギングは時速4kmで走る

人間の筋肉は、すばやく縮んで大きな力を出す速筋と、ゆっくり縮んで持久力にすぐれた遅筋に分けられます。速筋は瞬発力を、遅筋は持久力を必要とする運動に使われているのです。

ただし、通常のジョギングやランで使うのは速筋。長く使うと乳酸がたまってすぐに疲れてしまいます。ダイエットでジョギングを始めたものの、長く続かない人が多いのはこれが原因です。

ここで、時速4kmほどの歩くくらいゆっくりのスピードで走ると遅筋しか使いません。乳酸がほとんど増えずに、疲れることなく走り続けることができます。これが「スロージョギング」です。

スロージョギングは1日30分が目標

スロージョギングは、同じ速度のウォーキングと比べて消費カロリーはなんと1.6倍。ゆっくり走るだけで高いダイエット効果が期待できるのです。

スロージョギングのポイントは、背筋を伸ばしてやや前傾姿勢で走ること。足は蹴り上げずに、足裏全体で地面を押すイメージ。おしゃべりしながら走れるペースが目安になります。

また、スロージョギングは途中で歩いても問題なし。走る時間は1日30分を目標にします。1日のうちに2~3回に分けて走ってもOKです。いわゆる有酸素運動は細切れでも効果が出るのが特性となります。

■「スロージョギング」おすすめ記事
「善玉コレステロール」を増やす速歩とは?
インターバル速歩で高齢者でも脚力がアップする
1日5分「仙腸関節ウォーキング」で腰痛予防
大腰筋を鍛える「歩幅1.5倍」ウォーキング
ウォーキング効果でインナーマッスルを強化

■「スロー」おすすめ記事
長寿の秘訣「腓腹筋」を鍛えるつま先立ちスロー体操

■「疲れ」おすすめ記事
イミダペプチドの効果は疲労回復と記憶力アップ
慢性疲労に効果的な体幹トレーニングの方法とは
疲れを取るなら完全休養より軽く体を動かす

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事

    関連する記事は見当たりません。