ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

臭玉は食べかすではなく扁桃で繁殖した細菌の塊

臭玉は、うがいなど何かの拍子に口からぽろっと出てくる白い米粒のような塊。臭玉はつぶして臭いをかぐと、びっくりするほどのクサイ臭いを発します。この臭玉の正体は食べかすではありません。免疫力が低下した扁桃が細菌の巣となって、その死骸が塊となって臭玉になるのです。



スポンサーリンク
臭玉は食べかすではなく扁桃で繁殖した細菌の塊

臭玉とは細菌や白血球の死骸

臭玉とは、扁桃周辺の粘膜にある穴の中に細菌や白血球の死骸、食べかすなどがまざったもの。医学的には膿栓と呼ばれるものです。臭い玉と表記されることもあります。

臭玉ができる扁桃は、かつては分泌腺と考えられていたため扁桃腺と呼ばれてきました。しかし実際には、鼻や口から侵入する病原微生物に対して防御機能を持つ免疫器官。腺が付かない扁桃が正式名称です。

このように本来は細菌などを防御する扁桃ですが、疲労のために体の抵抗力が弱ったりすると、扁桃の病原微生物の力が体の抵抗力を上回ってしまいます。すると、扁桃が細菌の巣となってしまうのです。

臭い玉の原因と取り方について

臭玉は免疫力が落ちている証拠

その結果として、扁桃周辺の粘膜に溜まるのが臭玉。すなわち、臭玉は扁桃がしっかり機能しているかどうかのバロメータになります。臭玉ができるということは、扁桃の免疫力が落ちている証拠です。

そして、臭玉が月に3回以上出ることが3か月以上続いたら、慢性扁桃炎という病気。治療には炎症を抑える薬の服用があるほか、臭玉を吸引して取り除くこともできます。

なお、扁桃自体が細菌などに感染したのが扁桃炎。扁桃の腫れ、のどの痛み、悪寒、発熱などがおもな症状です。扁桃が白または黄色の膿みで覆われているのが特徴で、通常は抗生物質の投与で治療します。

■「臭玉」おすすめ記事
臭い玉が原因となる「掌蹠膿疱症」の治療法
臭い玉の原因は細菌の塊…どうすれば治る?
「臭い玉」の放置が原因で腎臓病になる理由
臭い玉の画像を拡大すると細菌の死骸が現われる

■「鼻呼吸」おすすめ記事
「鼻呼吸」にしただけでアトピーが大改善!
鼻呼吸に変えるだけ!驚きのリウマチ治療とは
臭い玉は口呼吸で発生する!!どうすれば治る?

■「膿栓」おすすめ記事
膿栓の取り方はのどの奥の「うがい」が簡単
膿栓が原因の「掌蹠膿疱症」を治療する方法

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事

    関連する記事は見当たりません。